Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.8.9.2.6. オプションの一覧表示

デフォルトの list コマンドは iptables -L [<chain-name>]、デフォルトのフィルターテーブルの現在のチェーンに関する非常に基本的な概要を提供します。詳細は以下を提供します。
  • -v : 各チェーンが処理したパケット数やバイト数、各ルールにマッチしたパケット数およびバイト数、特定のルールに適用するインターフェースを表示します。
  • -x : 数字を正確な値に展開します。ビジー状態のシステムでは、特定のチェーンまたはルールによって処理されたパケット数およびバイト数は Kilobytes、、Megabytes、またはに省略され Gigabytesます。このオプションは、フル番号を強制的に表示するようにします。
  • -n : デフォルトのホスト名およびネットワークサービスの形式ではなく、数字で IP アドレスとポート番号を表示します。
  • --line-numbers : チェーン内の数値の順序の横にある各チェーンのルールを一覧表示します。このオプションは、チェーンで特定のルールを削除しようとする場合や、チェーン内でルールを挿入する場所を特定する場合に便利です。
  • -t <table-name> : テーブル名を指定します。省略されている場合、デフォルトは filter テーブルに設定されます。