第6章 ソフトウェアのメンテナンス

ソフトウェアのメンテナンスは、セキュアなシステムを維持するために非常に重要です。攻撃者が既知のホールを使用してシステムに侵入することを防ぐためには、ソフトウェアのパッチが利用可能になり次第すぐに適用することが必須になります。

6.1. 最小限のソフトウェアインストール

コンピューター上の各ソフトウェアには脆弱性が潜んでいる可能性があるので、実際に使用するパッケージのみをインストールすることが推奨されます。インストールを DVD から行う場合は、インストールしたいパッケージのみを選択するようにします。他のパッケージが必要になる場合は、いつでも後でシステムに追加することができます。
最小限のインストールについての詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 6 インストールガイド』の『パッケージグループの選択』のセクションを参照してください。最小限のインストールは、--nobase オプションを使用して kickstart ファイルから実行することもできます。詳細については、『Red Hat Enterprise Linux 6 インストールガイド』の『パッケージの選択』 のセクションを参照してください。