3.6.3. stunnel の起動、停止、再起動

stunnel を起動するには、root で以下のコマンドを実行します。
~]# stunnel /etc/stunnel/stunnel.conf
デフォルトでは、stunnel は出力のログに /var/log/secure を使用します。
stunnel を停止するには、root で以下のコマンドを実行してプロセスを強制終了させます。
~]# kill `cat /var/run/stunnel/stunnel.pid`
stunnel の実行中に設定ファイルを編集した場合は、stunnel を停止して再起動すると、変更が反映されます。