2.8.8. IPv6

IPv6 と呼ばれる次世代のインターネットプロトコルの導入は、IPv4(または IP)の 32 ビットアドレス制限を超えて拡張されます。IPv6 は 128 ビットのアドレスをサポートし、IPv6 対応している伝送ネットワークは、IPv4 よりも多くのルーティング可能なアドレスに対応することができます。
Red Hat Enterprise Linux は、Netfilter 6 サブシステムと ip6tables コマンドを使用して IPv6 ファイアウォールルールをサポートします。Red Hat Enterprise Linux 6 では、IPv4 サービスおよび IPv6 サービスの両方がデフォルトで有効になっています。
ip6tables コマンド構文は、128 ビットアドレス iptables をサポートする点を除き、すべての側面と同じです。たとえば、以下のコマンドを使用して IPv6 対応ネットワークサーバーで SSH 接続を有効にします。
~]# ip6tables -A INPUT -i eth0 -p tcp -s 3ffe:ffff:100::1/128 --dport 22 -j ACCEPT
IPv6 ネットワークの詳細は、http://www.ipv6.org/ の IPv6 情報ページを参照して ください

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。