Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.3.3.2. 脆弱なクライアントアプリケーション

管理者がサーバーに十分な安全対策を施し、パッチを当てている場合でも、リモートユーザーによるアクセスが安全であるわけではありません。たとえば、サーバーがパブリックネットワーク上で Telnet または FTP のサービスを提供している場合、攻撃者はネットワークを通過する際にプレーンテキストのユーザー名とパスワードを取得して、アカウント情報を使用してリモートユーザーのワークステーションにアクセスすることが可能です。
SSH などのセキュアなプロトコルを使用している場合であっても、クライアントアプリケーションを定期的に更新していないと、リモートユーザーは特定の攻撃を受けやすくなる可能性があります。たとえば、v.1 SSH クライアントは、悪意のある SSH サーバーからの X 転送攻撃に対して脆弱です。クライアントがサーバーに接続すると、攻撃者はネットワーク上でクライアントによるキー入力やマウス操作をひそかに収集できます。この問題は v.2 SSH プロトコルで修正されましたが、ユーザーはどのアプリケーションにこのような脆弱性があるかを追跡し、必要に応じてアプリケーションを更新する必要があります。
「ワークステーションのセキュリティー」 コンピューターワークステーションの脆弱性を制限するために、管理者およびホームユーザーが行うべき手順を詳細に説明します。