Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.6.4.3.3. バインディングおよびリダイレクトオプション

xinetd のサービス設定ファイルは、サービスを IP アドレスにバインドし、そのサービスの受信要求を別の IP アドレス、ホスト名、またはポートにリダイレクトします。
バインディングはサービス固有の設定ファイルの bind オプションで制御され、サービスをシステム上の 1 つの IP アドレスにリンクします。これが設定されている場合、bind オプションは正しい IP アドレスへのリクエストのみがサービスにアクセスできるようにします。この方法を使用すると、要件に応じて異なるサービスを異なるネットワークインターフェースにバインドできます。
これは、複数のネットワークアダプターがあるシステムや、複数の IP アドレスを持つシステムで特に有用です。このようなシステムでは、安全ではないサービス(Telnet など)は、プライベートネットワークに接続され、インターネットに接続されたインターフェースにはアクセスしないように、プライベートネットワークに接続されたインターフェースでのみリッスンするように設定することができます。
redirect オプションは、IP アドレスまたはホスト名の後にポート番号を受け入れます。このサービスで、このサービスの要求を指定されたホストおよびポート番号にリダイレクトするように設定します。この機能を使用して、同じシステムの別のポート番号を参照し、要求を同じマシンの別の IP アドレスにリダイレクトし、要求を全く異なるシステムおよびポート番号、またはこれらのオプションの任意の組み合わせにリダイレクトできます。このため、システムで特定のサービスに接続するユーザーは、中断なしで別のシステムへルーティングし直す可能性があります。
xinetd デーモンは、要求しているクライアントマシンとホストが実際にサービスを提供し、この 2 つのシステム間でデータを転送するプロセスを起動して、このリダイレクトを実行できます。
bind および redirect オプションの利点は、一緒に使用される場合の最も明確に明確になります。サービスをシステムの特定の IP アドレスにバインドし、このサービスの要求を、最初のマシンにのみ表示可能な 2 番目のマシンにリダイレクトすることで、内部システムは全く異なるネットワーク用にサービスを提供するために使用できます。このオプションを使用すると、マルチホームマシンの特定のサービスの公開を既知の IP アドレスに制限したり、そのサービスに対する要求を特にその目的で設定された別のマシンにリダイレクトしたりできます。
たとえば、Telnet サービスにこの設定が含まれるファイアウォールとして使用するシステムがあるとします。
service telnet
{
	 socket_type		= stream
	 wait			= no
	 server			= /usr/kerberos/sbin/telnetd
	 log_on_success		+= DURATION USERID
	 log_on_failure		+= USERID
	 bind                    = 123.123.123.123
	 redirect                = 10.0.1.13 23
}
このファイルの bind および redirect オプションにより、マシン上の Telnet サービスが外部 IP アドレス(123.123.123.123)にバインドされ、インターネットに到達するようになります。さらに、123.123.123 に送信された Telnet サービスの要求 、2 番目のネットワークアダプターを介して、ファイアウォールと内部システムのみがアクセスできる内部 IP アドレス(10.0.1.13)にリダイレクトされます。その後、ファイアウォールはシステム間の通信を送信します。接続システムは、実際に別のマシンに接続している 場合 は 123.123.123.123 に接続されていると見なします。
この機能は、ブロードバンド接続があり、1 つの固定 IP アドレスのみを持つユーザーに特に役立ちます。ネットワークアドレス変換(NAT)を使用する場合、内部のみの IP アドレスを使用しているゲートウェイマシンの背後にあるシステムは、ゲートウェイシステムからは利用できません。ただし、xinetd が制御する特定のサービスが bind および redirect オプションで設定されている場合、ゲートウェイマシンは、サービスを提供するように設定された外部システムと、特定の内部マシンとの間のプロキシーとして機能します。さらに、さまざまな xinetd アクセス制御およびロギングオプションも、追加の保護のために利用できます。