Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.6.5. その他のリソース

TCP Wrapper と xinetd に関する詳細は、システムのドキュメントとインターネットで入手できます。

2.6.5.1. インストール済みの TCP Wrapper ドキュメント

TCP Wrapper、xinetd およびアクセス制御についての追加の設定オプションについて調べる際には、システムにあるドキュメントをまず参照することをお勧めします。
  • /usr/share/doc/tcp_wrappers-<version>/ — このディクトリーには README ファイルが含まれています。このファイルでは、TCP Wrapper がどのように機能するか、また存在するさまざまなホスト名やホストアドレスのスプーフィングのリスクについて説明しています。
  • /usr/share/doc/xinetd-<version>/ — このディレクトリーには README ファイルが含まれており、/etc/xinetd.d/ ディレクトリー内のサービス固有の設定ファイルの編集に関する各種のアイディアとともに、アクセス制御や sample.conf ファイルについて説明しています。
  • TCP Wrapper および xinetd 関連の man ページ — TCP Wrapper および xinetd に関連するさまざまなアプリケーションや設定ファイルについて、数多くの man ページがあります。以下はより重要な man ページです。
    サーバーアプリケーション
    • man xinetdxinetd の man ページ
    設定ファイル
    • man 5 hosts_access — TCP Wrapper のホストアクセス制御ファイルの man ページ。
    • man hosts_options — TCP Wrapper オプションフィールドの man ページ。
    • man xinetd.confxinetd 設定オプションをリストしている man ページ。