2.6.5. その他のリソース

TCP Wrapper および xinetd の詳細は、システムのドキュメントおよびインターネットから入手できます。

2.6.5.1. インストールされた TCP Wrapper ドキュメンテーション

システムのドキュメントは、TCP Wrapper、xinetd、およびアクセス制御の追加設定オプションを検索するのに適しています。
  • /usr/share/doc/tcp_wrappers-<version>/ : このディレクトリーには、TCP Wrapper の仕組みと、存在するさまざまなホスト名およびホストのアドレスの偽装リスクを記述する README ファイルが含まれます。
  • /usr/share/doc/xinetd-<version>/ : このディレクトリーには、アクセス制御の要素や、/etc/xinetd.d/ ディレクトリー内のサービス固有の設定 sample.conf ファイルを変更するための様々な README 注意のあるファイルに関するファイルが含まれます。
  • TCP Wrapper および xinetd関連の man ページ - TCP Wrapper および xinetd に関連するさまざまなアプリケーションおよび設定ファイルの man ページが多数存在します。以下は、より重要な man ページです。
    サーバーアプリケーション
    • man xinetd : xinetd の man ページです。
    設定ファイル
    • man 5 hosts_access : TCP Wrappers の man ページは、アクセス制御ファイルをホストします。
    • man hosts_options : TCP Wrappers オプションフィールドの man ページです。
    • man xinetd.conf : の man ページでは、xinetd 設定オプションが一覧表示されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。