1.2.2. 評価とテストの定義

脆弱性アセスメントは、外部からの視点内部からの視点 の 2 種類に分類できます。
外部からの視点で脆弱性アセスメントを実施する場合は、外部からシステムに攻撃を試みます。所属企業の外部にあることで、攻撃者の視点が提供されます。一般にルーティング可能な IP アドレス、DMZ のシステム、ファイアウォールの外部インターフェースなど、攻撃者が目を付けるものを確認します。DMZ は「非武装地帯 (demilitarized zone)」を表し、企業のプライベート LAN などの信頼できる内部ネットワークと、公的なインターネットなどの信頼できない外部ネットワークの間にあるコンピューターまたは小さなサブネットワークに相当します。通常、DMZ には Web(HTTP)サーバー、FTP サーバー、SMTP(e-mail)サーバー、DNS サーバーなどのインターネットトラフィックにアクセスできるデバイスが含まれます。
内部からの視点で脆弱性アセスメントを実施する場合、実行者は内部関係者であり、信頼されるステータスにあることから、有利な立場になります。これは、ユーザーと、同じワーカーがシステムに一度ログインした観点です。プリントサーバー、ファイルサーバー、データベースなどのリソースを見ることができます。
これら 2 種類の脆弱性アセスメントには大きな違いがあります。社内のユーザーには、部外者が得られない多くの特権が付与されています。多くの組織では、侵入者を締め出すようにセキュリティーが構成されています。しかし、組織内の細かい部分 (部門内ファイアウォール、ユーザーレベルのアクセス制御および内部リソースに対する認証手順など) には、セキュリティー対策がほとんど行われていません。また、一般的にほとんどのシステムは社内にあるため、内部からの方がより多くのリソースを確認できます。いったん社外に移動すると、ステータスは信頼されない状態になります。通常、外部から利用できるシステムやリソースは、非常に限られたものになります。
脆弱性アセスメントと 侵入テスト の違いを考えてみましょう。脆弱性アセスメントを、侵入テストの第一歩と捉えてください。このアセスメントで得られる情報は、その後のテストで使用します。アセスメントは抜け穴や潜在的な脆弱性を検査する目的で行われるのに対し、侵入テストでは調査結果を実際に使用する試みがなされます。
ネットワークインフラストラクチャーのアセスメントは動的なプロセスです。セキュリティー (情報セキュリティーおよび物理的なセキュリティー) は動的なものです。システムでアセスメントを実行すると、概要が示されており、誤検出と誤検出が示唆されます。誤検出は、実際には存在しない脆弱性をツールが検出することを指します。検出漏れは、実際の脆弱性が検出されないことを指します。
セキュリティー管理者の力量は、使用するツールとその管理者が有する知識で決まります。現在使用できるアセスメントツールのいずれかを選び、それらをシステムに対して実行すると、ほぼ間違いなく誤検出がいくつか見つかります。プログラム障害でもユーザーエラーでも、結果は同じです。ツールは、誤検出することもあれば、さらに悪い場合は、検出漏れをすることもあります。
脆弱性アセスメントと侵入テストの違いが定義されたところで、新たなベストプラクティスの一環として侵入テストを実施する前に、アセスメントの結果を注意深く確認し、検討してみましょう。
警告
実稼働システムで脆弱性を悪用する試みを行わないでください。システムおよびネットワークの生産性ならびに効率に悪影響を与える可能性があります。
以下の一覧で、脆弱性アセスメントを実施する利点をいくつか説明します。
  • 情報セキュリティーに事前にフォーカスできる
  • 攻撃者が発見する前に潜在的な不正使用を探します。
  • システムを最新の状態に維持し、パッチを適用できる
  • スタッフの成長と専門知識の開発を促す
  • 経済的な損失や否定的な評判を減らす

1.2.2.1. 方法論の確立

脆弱性アセスメントの方法論が確立されれば、脆弱性アセスメント用のツール選択に役立ちます。現時点では、事前定義の方法論や業界で承認された方法論はありませんが、一般常識やベストプラクティスを適切なガイドとして活用できます。
「ターゲット」とは何を指していますか? 1 台のサーバー、またはネットワーク全体およびネットワーク内にあるすべてのサーバーを確認しますか? 会社外ですか? それとも内部ですか? この質問に対する回答は、選択したツールだけでなく、そのツールの使用方法を決定する際に重要です。
方法論の確立の詳細は、以下の Web サイトを参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。