8.3.5. SCAP コンテンツの保存

SCAP Workbench を使用すると、システム評価で使用される SCAP コンテンツを保存することもできます。カスタマイズファイルを個別に保存することも(を参照 「セキュリティープロファイルのカスタマイズ」)、すべてのセキュリティーコンテンツを一度に保存するには、対象の Save content ボックスをクリックして Save into a directory または Save as RPM オプションを選択します。
Save into a directory オプションを選択すると、SCAP Workbench は、XCCDF ファイルまたはデータストリームファイル、ならびにカスタマイズファイルの両方を、指定した場所に保存します。これは、バックアップソリューションとして役に立ちます。
Save as RPM オプションを選択すると、SCAP Workbench に、XCCDF ファイルまたはデータストリームファイル、ならびにカスタマイズファイルを含む RPM パッケージを作成するように指示できます。これは、希望するセキュリティーコンテンツをリモートでスキャンできないシステムに配布したり、詳細な処理のためにコンテンツを配信するのに便利です。

図8.6 現在の SCAP コンテンツを RPM パッケージとして保存

現在の SCAP コンテンツを RPM パッケージとして保存

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。