第9章 AIDEでの整合性の確認

9.1. はじめに

AIDE (Advanced Intrusion Detection Environment) は、システムのファイルのデータベースを作成し、そのデータベースを使用してファイルの整合性を確保し、システムの侵入を検出します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。