2.3. シングルサインオン(SSO)

Red Hat Enterprise Linux の SSO 機能は、Red Hat Enterprise Linux デスクトップユーザーがパスワードを入力する必要がある回数を削減します。複数の主要アプリケーションは、同じ基盤となる認証および承認メカニズムを利用しているため、ユーザーがログイン画面から Red Hat Enterprise Linux にログインし、パスワードを再入力する必要はありません。これらのアプリケーションは以下で説明します。
プラグ可能な認証モジュールの詳細は、『 Red Hat Enterprise Linux 6 Managing Single Sign-On and Smart Cards 』を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。