2.4. プラグ可能な認証モジュール(PAM)

プラグ可能な認証モジュールは、認証およびセキュリティーの共通のフレームワークです。Red Hat Enterprise Linux のシングルサインオンメソッド(Kerberos およびスマートカード)は、基礎となる PAM 設定に依存します。
プラグ可能な認証モジュールの詳細は、Red Hat Enterprise Linux 6 『 Managing Single Sign-On and Smart Cards 』の該当する章を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。