2.6.4.3. xinetd 設定ファイルの変更

xinetd で保護されるサービスでは、多くの指示文が利用できます。本セクションでは、より一般的に使用されるオプションのいくつかを説明しています。
2.6.4.3.1. ロギングのオプション
以下のロギングオプションは、/etc/xinetd.conf および /etc/xinetd.d/ ディレクトリーにあるサービス固有の設定ファイルで利用できます。
以下は、より一般的に使われるロギングオプションのいくつかのリストです。
  • ATTEMPT — 試行が失敗した事実をログに記録します (log_on_failure)。
  • DURATION — サービスがリモートシステムによって使用された時間の長さをログに記録します (log_on_success)。
  • EXIT — 終了状態またはサービスの終了シグナルをログに記録します (log_on_success)。
  • HOST — リモートホストの IP アドレスをログに記録します (log_on_failure および log_on_success)。
  • PID — 要求を受け取るサーバーのプロセス ID をログに記録します (log_on_success)。
  • USERID — すべてのマルチスレッド化されたストリームサービスについて、RFC 1413 で定義された方法でリモートユーザーをログ記録します (log_on_failure および log_on_success)。
ロギングオプションの完全なリストは、xinetd.conf man ページを参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。