37.9. 手動による ID 範囲の割り当て

特定の状況では、DNA (Distributed Numeric Assignment) の ID 範囲を手動で割り当てする必要があります。たとえば、以下のような場合です。

  • レプリカの ID がなくなり、IdM ID 範囲がすべて使われている。

    レプリカに割り当てられた DNA ID 範囲を使い果たし、IdM 範囲で使用可能な空き ID がなくなったため、ID の追加要求に失敗した場合。

    この状況を解決するには、レプリカに割り当てられた DNA ID 範囲を拡張します。これは、以下の 2 つの方法で実行できます。

    • 別のレプリカに割り当てられる DNA ID 範囲を短くし、新たに利用可能な値を、ID 範囲を使い果たしたレプリカに割り当てます。
    • 新しい IdM ID 範囲を作成し、この作成した IdM 範囲内でレプリカに新しい DNA ID 範囲を設定します。

      新しい IdM ID 範囲を作成する方法は 新しい IdM ID 範囲の追加 を参照してください。

  • レプリカが機能しなくなる

    レプリカが停止して削除する必要がある場合、レプリカの DNA ID 範囲は自動的に取得されません。つまり、以前にレプリカに割り当てられていた DNA ID 範囲は使用できなくなります。DNA ID 範囲を復元し、他のレプリカで使用できるようにします。

    これを行うには、その範囲を別のサーバーに手動で割り当てる前に、ID 範囲の値を調べます。また、UID や GID が重複しないように、回復した範囲からの ID の値がユーザーまたはグループに割り当てられていないことを確認します。これは、既存のユーザーおよびグループの UID と GID を調べて実行できます。

DNA ID 範囲の手動割り当て のコマンドを使用して、レプリカに DNA ID 範囲を手動で割り当てることができます。

注記

新しい DNA ID 範囲を割り当てると、サーバーまたはレプリカ上の既存のエントリーの UID は同じになります。現在の DNA ID 範囲を変更しても、IdM は過去に割り当てられた範囲の記録を保持するため、これにより問題が発生することはありません。