Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第13章 Kerberos チケットポリシーの管理

Identity Management (IdM) の Kerberos チケットポリシーは、Kerberos チケットアクセス、期間、および更新に対する制限を設定します。IdM サーバーで実行している Key Distribution Center (KDC) の Kerberos チケットポリシーを設定できます。

本章では、以下の Kerberos チケット管理のトピックとタスクについて説明します。

13.1. IdM KDC のロール

Identity Management の認証メカニズムは、Key Distribution Center (KDC) が設定する Kerberos インフラストラクチャーを使用します。KDC は、認証情報を保存し、IdM ネットワーク内のエンティティーから発信されるデータの信頼性を確保する信頼できる認証局です。

各 IdM ユーザー、サービス、およびホストは Kerberos クライアントとして機能し、一意の Kerberos プリンシパル で識別されます。

  • ユーザーの場合: identifier@REALM (例: admin@EXAMPLE.COM)
  • サービスの場合: service/fully-qualified-hostname@REALM (例: http/server.example.com@EXAMPLE.COM)
  • ホストの場合: host/fully-qualified-hostname@REALM (例: host/client.example.com@EXAMPLE.COM)

以下の図では、Kerberos クライアント、KDC、およびクライアントの通信先となる Kerberos を使用するアプリケーション間の通信を簡単にまとめています。

Kerberos KDC の通信フロー
  1. Kerberos クライアントは、Kerberos プリンシパルとして認証することで KDC に対して身分を証明します。たとえば、IdM ユーザーは kinit ユーザー名 を実行し、パスワードを指定します。
  2. KDC はデータベースのプリンシパルを確認し、クライアントを認証し、Kerberos チケットポリシー を評価してリクエストを付与するかどうかを判断します。
  3. KDC は、適切なチケットポリシーに従って、ライフサイクルおよび 認証インジケーター で Ticket-Granting Ticket (TGT) を発行します。
  4. TGT により、クライアントは KDC から サービスチケット を要求し、ターゲットホストで Kerberos を使用するサービスと通信します。
  5. KDC は、クライアントの TGT が有効であるかどうかを確認し、チケットポリシーに対してサービスチケット要求を評価します。
  6. KDC はクライアントに サービスチケット を発行します。
  7. サービスチケットを使用すると、クライアントはターゲットホストのサービスと暗号化された通信を開始できます。