Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第14章 IdM Kerberos キータブファイルの維持

以下のドキュメントでは、Kerberos キータブファイルとは何か、および Identity Management (IdM) がそれらを使用してサービスが Kerberos で安全に認証できるようにする方法について説明します。

この情報を使用して、これらの機密ファイルを保護する必要がある理由を理解し、IdM サービス間の通信の問題をトラブルシューティングできます。

このセクションでは、以下のトピックについて説明します。

14.1. Identity Management が Kerberos キータブファイルを使用する方法

Kerberos キータブは、Kerberos プリンシパルとそれに対応する暗号化キーを含むファイルです。ホスト、サービス、ユーザー、およびスクリプトは、キータブを使用して、人間の介入を必要とせずに、Kerberos Key Distribution Center (KDC) に対して安全に認証することができます。

IdM サーバー上のすべての IdM サービスには、Kerberos データベースに格納された一意の Kerberos プリンシパルがあります。たとえば、IdM サーバー east.idm.example.com および west.idm.example.com が DNS サービスを提供する場合、IdM はこれらのサービスを識別するために 2 つの一意の DNS Kerberos プリンシパルを作成します。これらは、命名規則 <service>/host.domain.com@REALM.COM に従います:

  • DNS/east.idm.example.com@IDM.EXAMPLE.COM
  • DNS/west.idm.example.com@IDM.EXAMPLE.COM

IdM は、Kerberos キーのローカルコピーをキーバージョン番号 (KVNO) とともに保存するために、これらのサービスごとにサーバー上にキータブを作成します。たとえば、デフォルトのキータブファイル /etc/krb5.keytab には host プリンシパルが格納されます。このプリンシパルは、Kerberos レルム内のそのマシンを表し、ログイン認証に使用されます。KDC は、aes256-cts-hmac-sha1-96 および aes128-cts-hmac-sha1-96 など、サポートするさまざまな暗号化アルゴリズムの暗号化キーを生成します。

klist コマンドを使用して、キータブファイルの内容を表示できます。

[root@idmserver ~]# klist -ekt /etc/krb5.keytab
Keytab name: FILE:/etc/krb5.keytab
KVNO Timestamp           Principal
---- ------------------- ------------------------------------------------------
   2 02/24/2022 20:28:09 host/idmserver.idm.example.com@IDM.EXAMPLE.COM (aes256-cts-hmac-sha1-96)
   2 02/24/2022 20:28:09 host/idmserver.idm.example.com@IDM.EXAMPLE.COM (aes128-cts-hmac-sha1-96)
   2 02/24/2022 20:28:09 host/idmserver.idm.example.com@IDM.EXAMPLE.COM (camellia128-cts-cmac)
   2 02/24/2022 20:28:09 host/idmserver.idm.example.com@IDM.EXAMPLE.COM (camellia256-cts-cmac)