Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

14.3. IdM Kerberos キータブファイルとその内容のリスト

以下の表は、IdM Kerberos キータブファイルの場所、内容、および目的を示しています。

表14.1 テーブル

キータブの場所内容目的

/etc/krb5.keytab

host プリンシパル

ログイン時にユーザーの認証情報を確認します (nfs プリンシパルがない場合に NFS によって使用されます)。

/etc/dirsrv/ds.keytab

ldap プリンシパル

IdM データベースに対してユーザーを認証し、IdM レプリカ間でデータベースの内容を安全に複製します。

/var/lib/ipa/gssproxy/http.keytab

HTTP プリンシパル

Apache サーバーに対して認証します。

/etc/named.keytab

DNS プリンシパル

DNS レコードを安全に更新します。

/etc/ipa/dnssec/ipa-dnskeysyncd.keytab

ipa-dnskeysyncd プリンシパル

OpenDNSSEC と LDAP の同期を維持します。

/etc/pki/pki-tomcat/dogtag.keytab

dogtag プリンシパル

認証局 (CA) と通信します。

/etc/samba/samba.keytab

cifs プリンシパルと host プリンシパル

Samba サービスと通信します。

/var/lib/sss/keytabs/ad-domain.com.keytab

HOSTNAME$@AD-DOMAIN.COM 形式の Active Directory (AD) ドメインコントローラー (DC) プリンシパル

IdM-AD 信頼を介して AD DC と通信します。