Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第36章 subID 範囲の手動管理

コンテナー化環境では、IdM ユーザーが subID 範囲を手動で割り当てる必要がある場合があります。以下の手順では、subID 範囲を管理するのに役立ちます。

36.1. IdM CLI を使用した subID 範囲の生成

subID の範囲を生成し、それをユーザーに手動で割り当てることができます。ユーザー名 jsmithipa サーバーに存在するとします。

前提条件

手順

  1. 既存のサブ ID 範囲を確認します。

    # ipa subid-find

  2. subID 範囲が存在しない場合は、以下のコマンドを入力して、新しい subID 範囲を生成して、ユーザーに割り当てます。

    # ipa subid-generate --owner=jsmith
    
    Added subordinate id "359dfcef-6b76-4911-bd37-bb5b66b8c418"
    
      Unique ID: 359dfcef-6b76-4911-bd37-bb5b66b8c418
      Description: auto-assigned subid
      Owner: jsmith
      SubUID range start: 2147483648
      SubUID range size: 65536
      SubGID range start: 2147483648
      SubGID range size: 65536
  3. または、新しい subID 範囲を生成してすべてのユーザーに割り当てます。

    # /usr/libexec/ipa/ipa-subids --all-users
    
    Found 2 user(s) without subordinate ids
      Processing user 'user4' (1/2)
      Processing user 'user5' (2/2)
    Updated 2 user(s)
    The ipa-subids command was successful

デフォルトで新しい IdM ユーザーに subID 範囲を割り当てるには、次のオプションを有効にすることに注意してください。

# ipa config-mod --user-default-subid=True

検証

  1. ユーザーに subID の範囲が割り当てられているかどうかを確認するには、次のコマンドを実行します。

    # ipa subid-find --owner=jsmith
    
    1 subordinate id matched
    
      Unique ID: 359dfcef-6b76-4911-bd37-bb5b66b8c418
      Owner: jsmith
      SubUID range start: 2147483648
      SubUID range size: 65536
      SubGID range start: 2147483648
      SubGID range size: 65536
    
    Number of entries returned 1