Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

13.3. Kerberos 認証インジケーター

Kerberos Key Distribution Center (KDC) は、認証インジケーター を、ID の証明にクライアントが使用する事前認証メカニズムに基づいて TGT (Ticket-granting Ticket) に割り当てます。

otp
2 要素認証 (パスワード + ワンタイムパスワード)
radius
radius 認証 (通常は 802.1x 認証)
pkinit
PKINIT 、スマートカード、または証明書での認証
hardened
強化パスワード (SPAKE または FAST)[1]

次に KDC は、TGT からの認証インジケーターを、TGT から取得するサービスチケット要求に割り当てます。KDC は、認証インジケーターに基づいて、サービスアクセス制御、チケットの最大有効期間、および更新可能な期間などのポリシーを有効にします。

認証インジケーターおよび IdM サービス

サービスまたはホストを認証インジケーターに関連付けると、対応する認証メカニズムを使用して TGT を取得したクライアントのみがアクセスできるようになります。KDC はアプリケーションやサービスではなく、サービスチケット要求の認証インジケーターをチェックし、Kerberos 接続ポリシーに基づいて要求を付与または拒否します。

たとえば、仮想プライベートネットワーク (VPN) に接続するために 2 要素認証を要求するには、otp 認証インジケーターをそのサービスに関連付けます。KDC から最初の TGT を取得するのにワンタイムパスワードを使用したユーザーのみが VPN にログインできます。

図13.1 otp 認証インジケータを必要とする VPN サービスの例

認証インジケーター

サービスまたはホストに認証インジケーターが割り当てられていない場合には、メカニズムに関係なく認証されたチケットを受け入れます。



[1] 強化されたパスワードは、Single-Party Public-Key Authenticated Key Exchange (SPAKE) の事前認証または Flexible Authentication via Secure Tunneling (FAST) 防御を使用して、総当たりパスワード辞書攻撃を受けないようにセキュリティー保護されています。