Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第18章 IdM CLI でのユーザーグループの管理

本章では、IdM CLI を使用したユーザーグループ管理について説明します。

ユーザーグループは、共通の特権、パスワードポリシーなどの特性が指定された一連のユーザーです。

Identity Management (IdM) のユーザーグループには以下が含まれます。

  • IdM ユーザー
  • 他の IdM ユーザーグループ
  • 外部ユーザー (IdM の外部に存在するユーザー)

18.1. IdM のさまざまなグループタイプ

IdM は、以下のグループタイプをサポートします。

POSIX グループ (デフォルト)

POSIX グループは、メンバーの Linux POSIX 属性に対応します。Active Directory と対話するグループは POSIX 属性を使用できないことに注意してください。

POSIX 属性は、ユーザーを個別のエンティティーとして識別します。ユーザーに関連する POSIX 属性の例には、uidNumber (ユーザー番号 (UID))、および gidNumber (グループ番号 (GID)) が含まれます。

非 POSIX グループ

非 POSIX グループは、POSIX 属性に対応していません。たとえば、これらのグループには GID が定義されていません。

このタイプのグループのすべてのメンバーは、IdM ドメインに属している必要があります。

外部グループ

外部グループを使用して、以下のような IdM ドメイン外の ID ストアに存在するグループメンバーを追加できます。

  • ローカルシステム
  • Active Directory ドメイン
  • ディレクトリーサービス

外部グループは、POSIX 属性に対応していません。たとえば、これらのグループには GID が定義されていません。

表18.1 デフォルトで作成されたユーザーグループ

グループ名デフォルトのグループメンバー

ipausers

すべての IdM ユーザー

admins

管理権限を持つユーザー (デフォルトの admin ユーザーを含む)

editors

特権のないレガシーグループ

trust admins

Active Directory 信頼を管理する権限を持つユーザー

ユーザーをユーザーグループに追加すると、ユーザーはグループに関連付けられた権限とポリシーを取得します。たとえば、ユーザーに管理権限を付与するには、ユーザーを admins グループに追加します。

警告

admins グループを削除しないでください。admins は IdM で必要な事前定義グループであるため、この操作では特定のコマンドで問題が生じます。

さらに、IdM で新しいユーザーが作成されるたびに、IdM は、デフォルトで ユーザーのプライベートグループ を作成します。プライベートグループの詳細は、プライベートグループのないユーザーの追加 を参照してください。