11.2. IdM ステージユーザーアカウントの自動アクティベーションの設定

この手順では、ステージユーザーをアクティベートするスクリプトを作成する方法を説明します。システムは、指定した間隔でスクリプトを自動的に実行します。これにより、新規ユーザーアカウントが自動的にアクティベートされ、作成直後に使用できます。

重要

以下の手順では、外部プロビジョニングシステムの所有者がユーザーをすでに検証しており、スクリプトが IdM への追加前に IdM 側で追加の検証を必要としていないことを前提としています。

IdM サーバーの 1 つでのみアクティベーションプロセスを有効にするだけで十分です。

前提条件

手順

  1. アカウントのアクティベーション用に keytab ファイルを生成します。

    # ipa-getkeytab -s server.idm.example.com -p "activator" -k /etc/krb5.ipa-activation.keytab

    複数の IdM サーバーでアクティベーションプロセスを有効にする場合は、1 つのサーバーだけで keytab ファイルを生成します。次に、keytab ファイルを他のサーバーにコピーします。

  2. 以下の内容を含む /usr/local/sbin/ipa-activate-all スクリプトを作成して全ユーザーをアクティベートします。

    #!/bin/bash
    
    kinit -k -i activator
    
    ipa stageuser-find --all --raw | grep "  uid:" | cut -d ":" -f 2 | while read uid; do ipa stageuser-activate ${uid}; done
  3. ipa-activate-all スクリプトのパーミッションおよび所有権を編集して、実行可能なファイルに変更します。

    # chmod 755 /usr/local/sbin/ipa-activate-all
    # chown root:root /usr/local/sbin/ipa-activate-all
  4. systemd ユニットファイル /etc/systemd/system/ipa-activate-all.service を作成して、以下の内容を追加します。

    [Unit]
    Description=Scan IdM every minute for any stage users that must be activated
    
    [Service]
    Environment=KRB5_CLIENT_KTNAME=/etc/krb5.ipa-activation.keytab
    Environment=KRB5CCNAME=FILE:/tmp/krb5cc_ipa-activate-all
    ExecStart=/usr/local/sbin/ipa-activate-all
  5. systemd タイマー /etc/systemd/system/ipa-activate-all.timer を作成して、以下の内容を追加します。

    [Unit]
    Description=Scan IdM every minute for any stage users that must be activated
    
    [Timer]
    OnBootSec=15min
    OnUnitActiveSec=1min
    
    [Install]
    WantedBy=multi-user.target
  6. 新しい設定を再読み込みします。

    # systemctl daemon-reload
  7. ipa-activate-all.timer を有効にします。

    # systemctl enable ipa-activate-all.timer
  8. ipa-activate-all.timer を起動します。

    # systemctl start ipa-activate-all.timer
  9. (必要に応じて) ipa-activate-all.timer デーモンが実行していることを確認します。

    # systemctl status ipa-activate-all.timer
    ● ipa-activate-all.timer - Scan IdM every minute for any stage users that must be activated
       Loaded: loaded (/etc/systemd/system/ipa-activate-all.timer; enabled; vendor preset: disabled)
       Active: active (waiting) since Wed 2020-06-10 16:34:55 CEST; 15s ago
      Trigger: Wed 2020-06-10 16:35:55 CEST; 44s left
    
    Jun 10 16:34:55 server.idm.example.com systemd[1]: Started Scan IdM every minute for any stage users that must be activated.