Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

40.2. Ansible Playbook を使用して DNS 情報など IdM ホストエントリーを存在させる手順

本セクションでは、Ansible Playbook を使用して、Identity Management (IdM) にホストエントリーを存在させる方法を説明します。ホストエントリーは、ホストの 完全修飾ドメイン名 (FQDN) および IP アドレスで定義されます。

注記

Ansible ない場合に、ipa host-add コマンドを使用すると、ホストエントリーが IdM に作成されます。ホストを IdM に追加すると、IdM でのホストの状態が present になります。Ansible は冪等性に依存しているので、Ansible を使用して IdM にホストを追加するには、ホストの状態を Present (state: present) として定義した Playbook を作成する必要があります。

前提条件

  • IdM 管理者パスワードを把握している。
  • Ansible コントローラーに ansible-freeipa パッケージがインストールされている。

手順

  1. inventory.file などのインベントリーファイルを作成して、そのファイルに ipaserver を定義します。

    [ipaserver]
    server.idm.example.com
  2. IdM に存在させるホストの 完全修飾ドメイン名 (FQDN) で Ansible Playbook ファイルを作成します。また、IdM サーバーが DNS を管理するように設定され、ホストの IP アドレスが分かっている場合は、ip_address パラメーターの値を指定します。ホストを DNS リソースレコードに存在させるには、IP アドレスが必要です。この手順は、/usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/host/host-present.yml ファイルのサンプルをコピーして変更し、簡素化できます。また、その他の追加情報を含めることもできます。

    ---
    - name: Host present
      hosts: ipaserver
      become: true
    
      tasks:
      - name: Ensure host01.idm.example.com is present
        ipahost:
          ipaadmin_password: MySecret123
          name: host01.idm.example.com
          description: Example host
          ip_address: 192.168.0.123
          locality: Lab
          ns_host_location: Lab
          ns_os_version: CentOS 7
          ns_hardware_platform: Lenovo T61
          mac_address:
          - "08:00:27:E3:B1:2D"
          - "52:54:00:BD:97:1E"
          state: present
  3. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -v -i path_to_inventory_directory/inventory.file path_to_playbooks_directory/ensure-host-is-present.yml
注記

以下の手順では、IdM LDAP サーバーにホストエントリーが作成されますが、ホストは IdM Kerberos レルムには登録されません。登録されるようにするには、ホストを IdM クライアントとしてデプロイする必要があります。詳細は、Ansible Playbook を使用した Identity Management クライアントのインストール を参照してください。

検証手順

  1. admin として IdM サーバーにログインします。

    $ ssh admin@server.idm.example.com
    Password:
  2. ipa host-show コマンドを入力し、ホストの名前を指定します。

    $ ipa host-show host01.idm.example.com
      Host name: host01.idm.example.com
      Description: Example host
      Locality: Lab
      Location: Lab
      Platform: Lenovo T61
      Operating system: CentOS 7
      Principal name: host/host01.idm.example.com@IDM.EXAMPLE.COM
      Principal alias: host/host01.idm.example.com@IDM.EXAMPLE.COM
      MAC address: 08:00:27:E3:B1:2D, 52:54:00:BD:97:1E
      Password: False
      Keytab: False
      Managed by: host01.idm.example.com

この出力で、host01.idm.example.com が IdM に存在することを確認します。