Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第33章 ID ビューを使用した IdM クライアントのユーザー属性値をオーバーライドする

Identity Management (IdM) ユーザーが、IdM LDAP サーバーに保存されているユーザー属性またはグループ属性 (ログイン名、ホームディレクトリー、認証に使用する証明書、SSH 鍵など) をオーバーライドする場合、IdM 管理者は IdM ID ビューを使用して、特定の IdM クライアントの値を再定義できます。たとえば、IdM へのログインに最も一般的に使用される IdM クライアントのユーザーに、別のホームディレクトリーを指定できます。

本章では、クライアントとして IdM に登録されたホストで IdM ユーザーに関連付けられた POSIX 属性値を再定義する方法を説明します。本章では、ユーザーログイン名とホームディレクトリーを再定義する方法を説明します。

本章では、以下のセクションを説明します。

33.1. ID ビュー

Identity Management (IdM) の ID ビューは、以下の情報を指定する IdM クライアント側のビューです。

  • 一元定義された POSIX ユーザーまたはグループ属性の新しい値
  • 新しい値が適用されるクライアントホスト。

ID ビューには、1 つ以上の上書きが含まれます。オーバーライドは、一元管理された POSIX 属性値の特定の代替です。

IdM サーバーでは、IdM クライアントに ID ビューのみを定義できます。IdM クライアントにクライアント側の上書きをローカルで設定することはできません。

たとえば、ID ビューを使用して、以下の目的を達成できます。

  • 環境ごとに異なる属性値を定義する。たとえば、IdM 管理者または別の IdM ユーザーに、IdM クライアントごとに異なるホームディレクトリーを指定できます。ある IdM クライアントのユーザーのホームディレクトリーとして /home/encrypted/username を、別のクライアントでは /dropbox/username を設定できます。代わりに、この状況で ID ビューを使用すると便利です。たとえば、クライアントの /etc/sssd/sssd.conf ファイルにある fallback_homediroverride_homedir または他のホームディレクトリー変数を変更すると、すべてのユーザーに影響します。手順例は、IdM クライアントで IdM ユーザーのホームディレクトリーをオーバーライドする ID ビューの追加を参照してください。
  • 以前に生成された属性値は、ユーザーの UID の上書きなど、別の値に置き換えます。この機能は、たとえば、IdM ユーザーの UID を 1009 にするなど、通常は LDAP で行うのが困難なシステム全体の変更を実現する場合に便利です。IdM ユーザー UID の生成に使用される IdM ID 範囲は、1000 や 10000 程度の小さい値からは開始されません。IdM ユーザーがすべての IdM クライアントで UID 1009 のローカルユーザーの権限を借用する理由が存在する場合は、ID ビューを使用して、IdM でユーザーが作成したときに生成された IdM ユーザーの UID をオーバーライドできます。
重要

ID ビューは、IdM サーバーではなく、IdM クライアントにのみ適用できます。