19.4. CLI を使用したセルフサービスルールの削除

コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用して IdM でセルフサービスアクセスルールを削除するには、次の手順に従います。

前提条件

  • IdM、または ユーザー管理者 ロールを管理する管理者権限
  • 有効な Kerberos チケット。詳細は、Using kinit to log in to IdM manually を参照してください。

手順

  • ipa selfservice-del コマンドを使用してセルフサービスルールを削除します。

以下に例を示します。

$ ipa selfservice-del "Users can manage their own name details"
-----------------------------------------------------------
Deleted selfservice "Users can manage their own name details"
-----------------------------------------------------------

検証手順

  • ipa selfservice-find コマンドを使用して、すべてのセルフサービスルールを表示します。削除したばかりのルールがなくなっているはずです。