Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第15章 IdM での KDC プロキシーの使用

一部の管理者は、デプロイメントでデフォルトの Kerberos ポートにアクセスできないようにすることを選択する場合があります。ユーザー、ホスト、およびサービスが Kerberos 認証情報を取得できるようにするために、HTTPS ポート 443 を介して Kerberos と通信するプロキシーとして HTTPS サービスを使用できます。

Identity Management (IdM) では、Kerberos Key Distribution Center Proxy (KKDCP) がこの機能を提供します。

IdM サーバーでは、KKDCP はデフォルトで有効で、https://server.idm.example.com/KdcProxy で利用できます。IdM クライアントでは、KDCP にアクセスするために、その Kerberos 設定を変更する必要があります。

15.1. KKDCP を使用するための IdM クライアントの設定

Identity Management (IdM) システム管理者は、IdM サーバーで Kerberos Key Distribution Center Proxy (KKDCP) を使用するように IdM クライアントを設定できます。これは、デフォルトの Kerberos ポートが IdM サーバーでアクセスできず、HTTPS ポート 443 が Kerberos サービスにアクセスする唯一の方法である場合に役立ちます。

前提条件

  • IdM クライアントへの root アクセス権限がある。

手順

  1. /etc/krb5.conf ファイルを開いて編集します。
  2. [realms] セクションで、kdcadmin_server、および kpasswd_server オプションの KKDCP の URL を入力します。

    [realms]
    EXAMPLE.COM = {
      kdc = https://kdc.example.com/KdcProxy
      admin_server = https://kdc.example.com/KdcProxy
      kpasswd_server = https://kdc.example.com/KdcProxy
      default_domain = example.com
    }

    冗長性の場合は、パラメーター kdcadmin_server、および kpasswd_server を複数回追加して、別の KDCP サーバーを示すことができます。

  3. sssd を再起動して、変更を有効にします。

    ~]# systemctl restart sssd