Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

14.2. Kerberos キータブファイルが IdM データベースと同期していることの確認

Kerberos パスワードを変更すると、IdM は対応する新しい Kerberos キーを自動的に生成し、そのキーバージョン番号 (KVNO) を増やします。Kerberos キータブが新しいキーと KVNO で更新されていない場合、そのキータブに依存して有効なキーを取得するサービスは、Kerberos キー配布センター (KDC) に対して認証できない可能性があります。

IdM サービスの 1 つが別のサービスと通信できない場合は、次の手順を使用して、Kerberos キータブファイルが IdM データベースに保存されているキーと同期していることを確認します。それらが同期していない場合は、更新されたキーと KVNO を使用して Kerberos キータブを取得します。この例では、IdM サーバーの更新された DNS プリンシパルを比較して取得します。

前提条件

  • キータブファイルを取得するには、IdM 管理者アカウントとして認証する必要がある。
  • 他のユーザーが所有するキータブファイルを変更するには、root アカウントとして認証する必要がある。

手順

  1. 検証しているキータブでプリンシパルの KVNO を表示します。次の例では、/etc/named.keytab ファイルに、KVNO が 2 の DNS/server1.idm.example.com@EXAMPLE.COM プリンシパルのキーがあります。

    [root@server1 ~]# klist -ekt /etc/named.keytab
    Keytab name: FILE:/etc/named.keytab
    KVNO Timestamp           Principal
    ---- ------------------- ------------------------------------------------------
       2 11/26/2021 13:51:11 DNS/server1.idm.example.com@EXAMPLE.COM (aes256-cts-hmac-sha1-96)
       2 11/26/2021 13:51:11 DNS/server1.idm.example.com@EXAMPLE.COM (aes128-cts-hmac-sha1-96)
       2 11/26/2021 13:51:11 DNS/server1.idm.example.com@EXAMPLE.COM (camellia128-cts-cmac)
       2 11/26/2021 13:51:11 DNS/server1.idm.example.com@EXAMPLE.COM (camellia256-cts-cmac)
  2. IdM データベースに保存されているプリンシパルの KVNO を表示します。この例では、IdM データベースのキーの KVNO がキータブの KVNO と一致しません。

    [root@server1 ~]# kvno DNS/server1.idm.example.com@EXAMPLE.COM
    DNS/server1.idm.example.com@EXAMPLE.COM: kvno = 3
  3. IdM 管理者アカウントとして認証します。

    [root@server1 ~]# kinit admin
    Password for admin@IDM.EXAMPLE.COM:
  4. プリンシパルの更新された Kerberos キーを取得し、キータブに保存します。root ユーザーとしてこのステップを実行して、named ユーザーが所有する /etc/named.keytab ファイルを変更できるようにします。

    [root@server1 ~]# ipa-getkeytab -s server1.idm.example.com -p DNS/server1.idm.example.com -k /etc/named.keytab

検証

  1. プリンシパルの更新された KVNO をキータブに表示します。

    [root@server1 ~]# klist -ekt /etc/named.keytab
    Keytab name: FILE:/etc/named.keytab
    KVNO Timestamp           Principal
    ---- ------------------- ------------------------------------------------------
       4 08/17/2022 14:42:11 DNS/server1.idm.example.com@EXAMPLE.COM (aes256-cts-hmac-sha1-96)
       4 08/17/2022 14:42:11 DNS/server1.idm.example.com@EXAMPLE.COM (aes128-cts-hmac-sha1-96)
       4 08/17/2022 14:42:11 DNS/server1.idm.example.com@EXAMPLE.COM (camellia128-cts-cmac)
       4 08/17/2022 14:42:11 DNS/server1.idm.example.com@EXAMPLE.COM (camellia256-cts-cmac)
  2. IdM データベースに保存されているプリンシパルの KVNO を表示し、キータブの KVNO と一致することを確認します。

    [root@server1 ~]# kvno DNS/server1.idm.example.com@EXAMPLE.COM
    DNS/server1.idm.example.com@EXAMPLE.COM: kvno = 4