第53章 IdM でのリソースベースの制約付き委任の使用

リソースベースの制約付き委任 (RBCD) を使用して、サービスへのアクセスを委任できます。RBCD を使用すると、リソースレベルで委任をきめ細かく制御でき、認証情報が委任されるサービスの所有者がアクセスを設定できます。これは、たとえば、Identity Management (IdM) と Active Directory (AD) 間の統合に役立ちます。

2019 年以降、Microsoft AD では、ターゲットサービスとプロキシーサービスの両方が異なるフォレストに属している場合に、RBCD の使用が強制されます。

53.1. 関連情報