Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

13.2. IdM Kerberos チケットポリシータイプ

IdM Kerberos チケットポリシーは、以下のチケットポリシータイプを実装します。

接続ポリシー

異なるレベルのセキュリティーで Kerberos を使用するサービスを保護するには、接続ポリシーを定義して、TGT (Ticket-granting ticket) の取得にクライアントが使用する事前認証メカニズムをもとにルールを有効にすることができます。

たとえば client1.example.com に接続するには、スマートカード認証が、client2.example.comtestservice アプリケーションにアクセスするには、2 要素認証が必要です。

接続ポリシーを有効するには、認証インジケーター をサービスに関連付けます。必要な認証インジケーターがサービスチケット要求に含まれるクライアントのみがこれらのサービスにアクセスできます。詳細は、Kerberos 認証インジケーター を参照してください。

チケットライフサイクルポリシー

各 Kerberos チケットには 有効期間 と潜在的な 更新期間 があります。チケットは最長期間に達する前に更新できますが、更新期間の超過後には更新できません。

デフォルトのグローバルチケットの有効期間は 1 日 (86400 秒) で、デフォルトのグローバル最大更新期間は 1 週間 (604800 秒) です。これらのグローバル値を調整するには、グローバルチケットライフサイクルポリシーの設定 を参照してください。

独自のチケットライフサイクルポリシーを定義することもできます。