Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.2. RHEL for Edge

RHEL for Edge は、デフォルトで Greenboot ビルトインヘルスチェックをサポートするようになりました

この更新により、RHEL for Edge Greenboot には、再起動中にハードウェアがハングアップまたはフリーズしないようにする watchdog 機能を備えたビルトインヘルスチェックが含まれるようになりました。これにより、次の機能を利用できます。

  • watchdogs ハードウェアユーザーがビルトインヘルスチェックを簡単に導入できるようになります
  • ビルトイン OS コンポーネントに価値を提供するデフォルトのヘルスチェックのセット
  • watchdog がデフォルトのプリセットとして表示されるようになるため、この機能を簡単に有効または無効にできます。
  • すでに利用可能なヘルスチェックに基づいてカスタムヘルスチェックを作成する機能。

(BZ#2083036)

RHEL 9 は rpm-ostree v2022.2 を提供します。

RHEL 9 は、rpm-ostree バージョン v2022.2 とともに配布され、複数のバグ修正と機能強化が提供されます。以下は、主な変更点です。

  • 新しい --append-if-missing フラグおよび --delete-if-present kargs フラグを使用することで、カーネル引数を idempotent 形式で更新できるようになりました。
  • DNF の Count Me 機能が、すべてのリポジトリークエリーでデフォルトで完全に無効になり、対応する rpm-ostree-countme.timer ユニットおよび rpm-ostree-countme.service ユニットによってのみトリガーされるようになりました。countme を参照してください。
  • 後処理ロジックで、user.ima IMA 拡張アトリビュートを処理できるようになりました。xattr 拡張属性が見つかると、最終的な OSTree パッケージコンテンツの security.ima に自動的に変換されます。
  • treefile には、新しい repo-packages 項目があります。これを使用して、一連のパッケージを特定のリポジトリーに固定できます。

(BZ#1961324)

RHEL 9 は OSTree v2021.2 を提供します

RHEL 9 は、OSTree パッケージバージョン v2021.2 とともに配布されており、複数のバグ修正と機能拡張が提供されています。以下は、主な変更点です。

  • 新しい ostree-rs-ext プロジェクトで使用されるファイルを書き込む新しい API で、tarball からのインポートが改善されました。
  • rofiles-fuse は、xattrs 拡張属性を処理するようになりました。注記:rofiles-fuse は非推奨とみなされています。#2281 を参照してください。
  • introspection API およびテストの改善

(BZ#1961254)

rpm-ostree rebase ツールは、RHEL8 から RHEL 9 へのアップグレードをサポートします

この機能拡張により、rpm-ostree rebase ツールを使用して RHEL8 システムを RHEL 9 にアップグレードできます。RHEL8 の最新の更新から RHEL 9 の最新の更新までの Edge アップグレード用の RHEL のデフォルトパッケージセットを完全にサポートします。

(BZ#2082306)