Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

8.10. ファイルシステムおよびストレージ

デバイスマッパーマルチパスは NVMe/TCP ではサポートされていません

nvme-tcp ドライバーで Device Mapper Multipath を使用すると、コールトレースの警告とシステムの不安定性が発生する可能性があります。この問題を回避するには、NVMe/TCP ユーザーはネイティブ NVMe マルチパスを有効にする必要があり、NVMe で device-mapper-multipath ツールを使用しないでください。

デフォルトでは、ネイティブ NVMe マルチパスは RHEL 9 で有効になっています。詳細は、NVMe デバイスでのマルチパスの有効化 を参照してください。

(BZ#2033080)

blk-availability systemd サービスは、複雑なデバイススタックを非アクティブ化します

systemd では、デフォルトのブロック非アクティブ化コードは、仮想ブロックデバイスの複雑なスタックを常に正しく処理するとは限りません。一部の設定では、シャットダウン中に仮想デバイスが削除されない場合があり、エラーメッセージがログに記録されます。この問題を回避するには、次のコマンドを実行して、複雑なブロックデバイススタックを非アクティブ化します。

# systemctl enable --now blk-availability.service

その結果、複雑な仮想デバイススタックはシャットダウン中に正しく非アクティブ化され、エラーメッセージは生成されません。

(BZ#2011699)

supported_speeds の無効な sysfs

qla2xxx ドライバーは、sys fssupported_speeds 属性で サポート されているポート速度の 1 つとして、予想される 64Gb/s ではなく 20Gb/s を報告します。

$ cat /sys/class/fc_host/host12/supported_speeds
16 Gbit, 32 Gbit, 20 Gbit

これにより、HBA が 64Gb/s リンク速度に対応している場合は、sysfs supported_speeds 値が正しくありません。これは sysfssupported_speeds 値にのみ影響し、ポートは予想されるネゴシエートされたリンクレートで動作します。

(BZ#2069758)

AMD EPYC システムの Broadcom イニシエーターから NVMe 名前空間に接続できない

デフォルトでは、RHEL カーネルは AMD ベースのプラットフォームで IOMMU を有効にします。その結果、AMD プロセッサーを搭載したサーバーで IOMMU 対応プラットフォームを使用すると、転送長の不一致が原因で I/O が失敗するなどの NVMeI/O の問題が発生する可能性があります。

この問題を回避するには、カーネルコマンドラインオプション iommu=pt を使用して、パススルーモードで IOMMU を追加します。その結果、AMDEPYC システムの Broadcom イニシエーターから NVMe 名前空間に接続できるようになりました。

(BZ#2073541)