Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.9. 高可用性およびクラスター

Pacemaker 属性マネージャーがリモートノード属性を正しく判断し、ループのフェンシングが解除されないようにする

以前では、ノードの Pacemaker のコントローラーは、属性マネージャーが、already-active リモートノードがリモートであることを認識する前に、Designated Controller (DC) に選択されていました。これが発生すると、ノードのスケジューラーは、リモートノードのノード属性を認識しません。クラスターがフェンシング解除を使用すると、フェンシング解除ループが発生する可能性があります。この修正により、属性マネージャーは、起動時の初期属性同期などの追加イベントにより、リモートノードがリモートであることを学習できるようになりました。その結果、どのノードが DC に選択されているかに関係なく、フェンシング解除ループが発生しません。

(BZ#1975388)