Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.8. ファイルシステムおよびストレージ

保護イベントにより、マルチパスデバイスのリロードエラーが発生しなくなりました

以前は、read-only パスデバイスが再スキャンされると、カーネルは 2 つの書き込み保護イベントを送信しました。1 つはデバイスが read/write に設定され、次はデバイスが read-only に設定されています。その結果、パスデバイスで read/write イベントが検出されると、multipathd はマルチパスデバイスをリロードしようとしました。これにより、リロードエラーメッセージが表示されました。この更新により、multipathd は、デバイスの読み取り/書き込みをリロードする前に、すべてのパスが read/write に設定されていることを確認するようになりました。その結果、multipathd は、read-only デバイスが再スキャンされるたびに read/write をリロードしようとしなくなりました。

(BZ#2017979)

device-mapper-multipath がバージョン 0.8.7 にリベースされました。

device-mapper-multipath パッケージがバージョン 0.8.7 にアップグレードされ、バグ修正および機能強化が複数追加されました。以下は、主な変更点です。

  • multipath コマンドおよび kpartx コマンドのメモリーリークを修正しました。
  • multipathd.socket ユニットファイルから繰り返し発生するエラーを修正
  • DELL SC シリーズアレイ、EMC Invista、Symmetrix アレイ (とりわけ) など、より多くのデバイスの自動設定が改善されました。

(BZ#2017592)