Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.6. ネットワーキング

Wifi および 802.1x のイーサネット接続プロファイルが適切に接続されるようになる

以前は、多くの Wifi および 802.1x のイーサネット接続プロファイルでは接続できませんでした。このバグが修正されました。すべてのプロファイルが適切に接続されるようになりました。従来の暗号アルゴリズムを使用するプロファイルも引き続き機能しますが、OpenSSL レガシープロバイダーを手動で有効にする必要があります。これは、MS-CHAPv2 で DES を使用したり、TKIP で RC4 を使用する場合などに必要です。

(BZ#1975718)

afterburn が /etc/hostnameに長いホスト名を設定しない

RHEL ホスト名の最大長は 64 文字です。ただし、特定のクラウドプロバイダーは、ホスト名として完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用します。これは最大 255 文字です。以前は、afterburn-hostname サービスはそのようなホスト名を直接 /etc/hostname ファイルに書き込みました。systemd サービスはホスト名を 64 文字に切り捨てられ、NetworkManager は省略された値から誤った DNS 検索ドメインを取得しています。今回の修正により、afterburn-hostname は最初のドットまたは 64 文字でホスト名を切り捨てます。これが最初に表示されるようになりました。これにより、NetworkManager は、/etc/resolv.conf に無効な DNS 検索ドメインを設定しなくなりました。

(BZ#2008521)