Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第4章 新機能

ここでは、Red Hat Enterprise Linux 9.0 に追加された新機能および主要な機能拡張を説明します。

4.1. インストーラーおよびイメージの作成

Anaconda は、Satellite のキックスタートインストールでマシンのプロビジョニングの rhsm をサポートします。

以前は、マシンのプロビジョニングは、Red Hat Satellite へのキックスタートインストール用のカスタム %post スクリプトに依存していました。この %post スクリプトは、カスタム satellite の自己署名証明書をインポートし、マシンを登録し、サブスクリプションを割り当て、リポジトリーに存在するパッケージをインストールします。

RHEL 9 では、rhsm コマンドを使用してマシンのプロビジョニングに、Satellite サポートが追加されました。rhsm コマンドは、システムの登録、RHEL サブスクリプションの割り当て、Satellite インスタンスからのインストールなど、すべてのプロビジョニングタスクに利用できるようになりました。

(BZ#1951709)

ライセンス、システム、およびユーザー設定の画面が、標準インストール後に無効になりました。

RHEL ユーザーは、gnome-initial-setup 画面およびログイン画面に先立ち、ライセンス、システム (サブスクリプションマネージャー)、および ユーザー設定を設定していました。今回の更新で、ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、デフォルトで初期セットアップ画面が無効になりました。

ユーザー作成またはライセンス表示の初期セットアップを実行する必要がある場合は、要件に基づいて以下のパッケージをインストールします。

  1. 初期セットアップパッケージをインストールします。

    # dnf install initial-setup initial-setup-gui
  2. システムの次回の再起動時に、初期セットアップを有効にします。

    # systemctl enable initial-setup
  3. システムを再起動して、初期設定を表示します。

キックスタートを使用したインストールでは、initial-setup-gui を packages セクションに追加し、initial-setup サービスを有効にします。

firstboot --enable
%packages
@^graphical-server-environment
initial-setup-gui
%end

(BZ#1878583)

Anaconda は、対話型インストールでネットワークを自動的にアクティブにする

以前のバージョンは、キックスタートまたは起動オプションでネットワークをアクティブにせずに対話型インストールを実行すると、ユーザーがネットワークスポークでネットワークを手動でアクティブにする必要がありました。今回の更新で、Anaconda が、ユーザーがネットワークスポークにアクセスして手動でアクティベートする必要なく、ネットワークを自動的にアクティベートするようになりました。

注記

この更新では、キックスタートインストールおよび ip= 起動オプションを使用したインストールのインストールエクスペリエンスは変更されません。

(BZ#1978264)

Image Builder がファイルシステム設定に対応しました。

今回の機能拡張により、Blueprint でカスタムファイルシステム設定を指定でき、必要なディスクレイアウトでイメージを作成できるようになりました。したがって、デフォルト以外のレイアウトを持つことで、セキュリティーベンチマーク、既存設定との一貫性、パフォーマンス、およびディスク不足エラーに対する保護に関してメリットが得られます。

Blueprint でファイルシステム設定をカスタマイズするには、以下のカスタマイズを設定します。

[[customizations.filesystem]]
mountpoint = "MOUNTPOINT"
size = MINIMUM-PARTITION-SIZE
注記

ブループリントにファイルシステムのカスタマイズを追加すると、ファイルシステムは LVM パーティションに変換されます。

(BZ#2011448)

root アカウントのロック および パスワードを使用した root の SSH ログインを許可 への新しいオプション

RHEL グラフィカルインストールの root パスワード設定画面に以下の新しいオプションが追加されました。

  • root アカウントをロックします。このオプションを使用して、マシンへの root アクセスをロックします。
  • root の SSH ログインを password で許可します。このオプションを使用して、パスワードベースの SSH root ログインを有効にします。

パスワードベースの SSH root ログイン を有効にするには、インストールプロセスを開始する前に、キックスタートファイルに以下の行を追加します。

%post
echo "PermitRootLogin yes" > /etc/ssh/sshd_config.d/01-permitrootlogin.conf
%end

(BZ#1940653)

Image Builder が起動可能なインストーライメージの作成に対応

この機能拡張により、Image Builder を使って、ルートファイルシステムを含む tarball ファイルで設定されるブート可能な ISO イメージを作成することができます。その結果、起動可能な ISO イメージを使って、tarball ファイルシステムをベアメタルシステムにインストールすることができます。

(BZ#2019318)