Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

8.17. 仮想化

https 経由での仮想マシンのインストールに失敗する場合があります。

現在、virt-install ユーティリティーは、https 接続を介して ISO ソースからゲストオペレーティングシステムをインストールしようとすると失敗します。たとえば、virt-install--cdromhttps://example/path/to/image.iso を使用します。仮想マシンを作成する代わりに、上述の操作はinternal error: process exited while connecting to monitor(監視への接続中にプロセスが終了しました) というメッセージで予想外に終了します。

この問題を回避するには、qemu-kvm-block-curl をホストにインストールして、https プロトコルサポートを有効にします。別の接続プロトコルまたは別のインストールソースを使用することもできます。

(BZ#2014229)

仮想マシンで NVIDIA ドライバーを使用すると Wayland が無効になります

現在、NVIDIA ドライバーは Wayland グラフィカルセッションと互換性がありません。これにより、NVIDIA ドライバーを使用する RHEL ゲストオペレーティングシステムは、Wayland を自動的に無効にし、代わりに Xorg セッションを読み込みます。これは主に以下のシナリオで生じます。

  • NVIDIA GPU デバイスを RHEL 仮想マシンに渡す場合
  • NVIDIA vGPU 仲介デバイスを RHEL 仮想マシンに割り当てる場合

(JIRA:RHELPLAN-117234)

Milan 仮想マシンの CPU タイプは、AMD Milan システムで利用できないことがあります。

一部の AMD Milan システムでは、Enhanced REP MOVSB (erms) および Fast Short REP MOVSB (fsrm) 機能フラグがデフォルトで BIOS で無効になっています。したがって、Milan CPU タイプは、これらのシステムで利用できない可能性があります。さらに、機能フラグ設定が異なる Milan ホスト間の仮想マシンのライブマイグレーションが失敗する可能性があります。これらの問題を回避するには、ホストの BIOS で erms および fsrm を手動で有効にします。

(BZ#2077767)

仮想マシンのネットワークトラフィックのパフォーマンスが低下する可能性があります

場合によっては、RHEL 9.0 ゲスト仮想マシン (VM) は、高レベルのネットワークトラフィックを処理するときにパフォーマンスをいくらか低下させます。

(BZ#1945040)

AVX を無効にすると、仮想マシンが起動できなくなる

Advanced Vector Extensions (AVX) をサポートする CPU を使用するホストマシンで、現在、AVX を明示的に無効にして VM を起動しようとすると失敗し、代わりに VM でカーネルパニックが発生します。

(BZ#2005173)

フェールオーバー virtio NIC には、Windows 仮想マシンで IP アドレスが割り当てられていません

現在、フェイルオーバー virtio NIC のみで Windows 仮想マシンを起動すると、仮想マシンは NIC に IP アドレスを割り当てることができません。したがって、NIC はネットワーク接続を設定できません。現在、回避策はありません。

(BZ#1969724)

フェイルオーバー設定のある hostdev インターフェイスは、ホットアンプラグされた後にホットプラグすることはできません

フェイルオーバー設定の hostdev ネットワークインターフェイスを実行中の仮想マシン (VM) から削除した後、現在、インターフェイスを同じ実行中の VM に再接続することはできません。

(BZ#2052424)

フェイルオーバー VF を使用した VM のコピー後のライブマイグレーションが失敗する

現在、VM が仮想機能 (VF) フェイルオーバー機能が有効になっているデバイスを使用している場合、実行中の仮想マシン (VM) のコピー後移行の試行は失敗します。この問題を回避するには、コピー後の移行ではなく、標準の移行タイプを使用します。

(BZ#1817965, BZ#1789206)