Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

8.18. クラウド環境の RHEL

SR-IOV は、Azure 上の ARM 64 RHEL 9 仮想マシンで最適に動作しません

現在、SR-IOV ネットワーキングデバイスは、Microsoft Azure プラットフォームで実行されている ARM 64 RHEL 9 仮想マシンで想定されるよりも、全体でははるかに低くなっており、レイテンシーは高くなっています。

(BZ#2068432)

コンソールプロキシーを使用する XenServer 7 上の RHEL 9 仮想マシンでは、マウスを使用できません。

コンソールプロキシーを使用して XenServer 7 プラットフォームで RHEL 9 仮想マシンを実行している場合は、仮想マシンの GUI でマウスを使用することはできません。この問題を回避するには、次のように仮想マシンで Wayland コンポジタープロトコルを無効にします。

  1. /etc/gdm/custom.conf を開きます。
  2. WaylandEnable=false 行のコメントを解除します。
  3. ファイルを保存します。

また、Red Hat は、RHEL 仮想マシンを実行するプラットフォームとして XenServer に対応していないため、実稼働環境での RHEL での XenServer の使用を推奨しません。

(BZ#2019593)

Nutanix AHV で LVM を使用する RHEL 9 仮想マシンのクローンを作成または復元すると、ルート以外のパーティションが表示されなくなります

Nutanix AHV ハイパーバイザーをホストとする仮想マシン (VM) で RHEL 9 ゲストオペレーティングシステムを実行する場合、スナップショットから VM を復元するか VM をクローンすると、ゲストが論理ボリューム管理 (LVM) を使用している場合は VM 内の非ルートパーティションを消失させることがあります。これにより、以下の問題が発生します。

  • スナップショットから仮想マシンを復元すると、仮想マシンは起動できず、緊急モードに入ります。
  • クローンを作成して作成した仮想マシンは起動できず、緊急モードに入ります。

これらの問題を回避するには、仮想マシンの緊急モードで以下を行います。

  1. 以下の LVM システムデバイスファイルを削除します: rm/etc/lvm/devices/system.devices
  2. LVM デバイス設定を再作成します。vgimportdevices -a
  3. 仮想マシンを再起動します。

これにより、クローン化または復元された VM を正しく起動できます。

(BZ#2059545)

Hyper-V 仮想マシンに接続されたネットワークアダプターの SR-IOV 機能が機能しない場合があります

現在、シングルルート I/O 仮想化 (SR-IOV) が有効になっているネットワークアダプターを MicrosoftHyper-V ハイパーバイザーで実行されている RHEL 9 仮想マシン (VM) に接続すると、SR-IOV 機能が正しく機能しない場合があります。

この問題を回避するには、仮想マシン設定で SR-IOV を無効にしてから、再度有効にします。

  1. Hyper-V Manager ウィンドウで、仮想マシンを右クリックします。
  2. コンテキストメニューで、Settings/Network Adapter/Hardware Acceleration に移動します。
  3. Enable SR-IOV の選択を解除します。
  4. 適用 をクリックします。
  5. 手順 1 と 2 を繰り返して、SR-IOV を有効にするオプションに再度移動します。
  6. Enable SR-IOV をオンにします。
  7. 適用 をクリックします。

(BZ#2030922)

ESXi で RHEL 9 ゲストをカスタマイズすると、ネットワークの問題が発生することがあります

現在、VMware ESXi ハイパーバイザーでの RHEL 9 ゲストオペレーティングシステムのカスタマイズは、NetworkManager キーファイルでは正しく機能しません。その結果、ゲストがそのようなキーファイルを使用している場合、IP アドレスやゲートウェイなどのネットワーク設定が正しくなくなります。

詳細と回避策は、VMware ナレッジベース を参照してください。

(BZ#2037657)