6.10. 仮想化

入れ子仮想マシンの作成

入れ子 KVM 仮想化は、RHEL 9 で Intel、AMD64、および IBM Z ホストで実行している KVM 仮想マシン用のテクノロジープレビューとして提供されます。この機能を使用すると、物理 RHEL 9 ホストで実行中の RHEL 7、RHEL 8、または RHEL 9 仮想マシンがハイパーバイザーとして機能し、独自の仮想マシンをホストできます。

(JIRA:RHELDOCS-17040)

KVM 仮想マシンの AMD SEV および SEV-ES

RHEL 9 は、テクノロジープレビューとして、KVM ハイパーバイザーを使用する AMD EPYC ホストマシンに、セキュア暗号化仮想化 (SEV) 機能を提供します。仮想マシンで有効になっている場合は、SEV が仮想マシンのメモリーを暗号化して、ホストから仮想マシンへのアクセスを防ぎます。これにより、仮想マシンのセキュリティーが向上します。

さらに、強化された SEV (Encrypted State) バージョンの SEV (SEV-ES) もテクノロジープレビューとして提供されます。SEV-ES は、仮想マシンの実行が停止すると、すべての CPU レジスターの内容を暗号化します。これにより、ホストが仮想マシンの CPU レジスターを変更したり、そこから情報を読み取ったりできなくなります。

SEV および SEV-ES は、第 2 世代の AMD EPYC CPU (コードネーム Rome) 以降のみで動作することに注意してください。また、RHEL 9 には SEV および SEV-ES の暗号化が含まれますが、SEV および SEV-ES のセキュリティー証明は含まれません。

(JIRA:RHELPLAN-65217)

ARM 64 で仮想化が利用可能に

テクノロジープレビューとして、ARM 64 CPU を使用してシステムに KVM 仮想マシンを作成できるようになりました。

(JIRA:RHELPLAN-103993)

AMD64 および Intel 64 で virtio-mem が利用できるようになりました。

テクノロジープレビューとして、RHEL 9 では、AMD64 および Intel 64 システムに virtio-mem 機能が追加されました。virtio-mem を使用すると、仮想マシンでホストメモリーを動的に追加または削除できます。

virtio-mem を使用するには、仮想マシンの XML 設定で virtio-mem メモリーデバイスを定義し、virsh update-memory-device コマンドを使用して、仮想マシンの実行中にメモリーデバイスのサイズ変更を要求します。このようなメモリーデバイスが実行中の仮想マシンに公開される現在のメモリーサイズを表示するには、仮想マシンの XML 設定を表示します。

(BZ#2014487)

Intel vGPU がテクノロジープレビューとして利用可能になる

テクノロジープレビューとして、物理 Intel GPU デバイスを、mediated devices と呼ばれる複数の仮想デバイスに分割できるようになりました。この仲介デバイスは、仮想 GPU として複数の仮想マシンに割り当てることができます。これにより、この仮想マシンが、1 つの物理 Intel GPU のパフォーマンスを共有します。

この機能は非推奨であり、今後の RHEL リリースでは完全に削除される予定であることに注意してください。

(JIRA:RHELDOCS-17050)