4.17. グラフィックインフラストラクチャー

Wayland セッションが NVIDIA ドライバーのデフォルトになりました。

NVIDIA ドライバーを使用する場合は、ドライバー設定が Wayland に対応していると、デスクトップセッションはデフォルトで Wayland ディスプレイプロトコルを選択するようになりました。以前の RHEL リリースでは、NVIDIA ドライバーが常に Wayland を無効にしていました。

お使いのシステムで NVIDIA ドライバーを使用して Wayland を有効にするには、カーネルコマンドラインに次のオプションを追加します。

  • nvidia-drm.modeset=1
  • NVreg_PreserveVideoMemoryAllocations=1

RHEL 8.0 以降、Wayland は、その他のグラフィックドライバーでデフォルトのディスプレイプロトコルでした。

現在、NVIDIA ドライバーを使用した Wayland セッションは引き続き完了せず、特定の既知の問題を表示します。Red Hat は NVIDIA をアクティブにし、GPU スタック全体でこのギャップや問題に対処しています。

NVIDIA ドライバーでの Wayland の制限のいくつかについては、既知の問題 のセクションを参照してください。

(JIRA:RHELPLAN-119000)