Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

7.8. グラフィックインフラストラクチャー

X.org Server が非推奨に

X.org ディスプレイサーバーは非推奨になり、今後の RHEL のメジャーリリースで削除される予定です。ほとんどの場合、デフォルトのデスクトップセッションは Wayland セッションになりました。

X11 プロトコルは、XWayland バックエンドを使用して完全にサポートされたままです。その結果、X11 を必要とするアプリケーションは Wayland セッションで実行できます。

Red Hat は、Wayland セッションの残りの問題、改善点の解決に取り組んでいます。Wayland の未解決の問題については、既知の問題 セクションを参照してください。

ユーザーセッションは X.org バックエンドに戻すことができます。詳細は、GNOME 環境と表示プロトコルの選択 を参照してください。

(JIRA:RHELPLAN-121048)

Motif は非推奨になりました

アップストリームの Motif コミュニティーでの開発は非アクティブであるため、Motif ウィジェットツールキットは RHEL で非推奨になりました。

開発バリアントおよびデバッグバリアントを含む、以下の Motif パッケージが非推奨になりました。

  • motif
  • openmotif
  • openmotif21
  • openmotif22

さらに、motif-static パッケージが削除されました。

Red Hat は、GTK ツールキットを代替として使用することを推奨します。GTK は Motif と比較してメンテナーンス性が高く、新機能を提供します。

(JIRA:RHELPLAN-98983)