Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.16. デスクトップ

GNOME がバージョン 40 に更新されました。

GNOME 環境は、GNOME 3.28 から GNOME 40 に更新され、多くの新機能が追加されました。

GNOME 40 には、新しく改良されたActivities Overviewのデザインが含まれています。これにより、概要がよりまとまりのあるものとなり、システムのナビゲーションやアプリケーションの起動などの操作性が向上しました。ワークスペースは水平に配置され、ウィンドウの概要とアプリケーショングリッドには垂直にアクセスできるようになりました。

その他の GNOME の改良点は以下の通りです。

  • GNOME のパフォーマンスとリソースの使い方が大幅に改善されました。
  • ユーザーインターフェイス、アイコン、デスクトップなどのビジュアルスタイルが一新されました。
  • GNOME アプリケーションでは、トップパネルから利用可能だったアプリケーションメニューを使用しなくなりました。この機能は、アプリケーションウィンドウ内の主要メニューに配置されています。
  • Settingsアプリケーションのデザインが変更されました。
  • 画面共有やリモートデスクトップセッションが改善されました。
  • 独自の NVIDIA ドライバーを使用している場合は、ディスクリート GPU を使用したアプリケーションを起動できるようになりました。

    1. 概要を開きます。
    2. ダッシュ内のアプリケーションアイコンを右クリックします。
    3. メニューからLaunch on Discrete GPU項目を選択します。
  • Power Off / Log Outメニューには、Suspendオプションと、Altキーを押した場合にシステムをブートローダーメニューに再起動できるRestartオプションが新たに加わりました。
  • Flatpak アプリケーションが自動的に更新されるようになりました。
  • 概要に表示されるアプリケーションのアイコンを、ドラッグアンドドロップでフォルダーにまとめることができるようになりました。
  • Terminalアプリケーションでは、右から左への文字入力や双方向の文字入力が可能になりました。
  • Pointer Locationアクセシビリティ機能が Wayland セッションで動作するようになりました。この機能が有効な場合、Ctrlを押すと画面上のポインターの位置がハイライトされます。
  • GNOME シェルの拡張機能は、Softwareではなく、Extensionsアプリケーションで管理されるようになりました。Extensionsアプリケーションは、エクステンションの更新、拡張機能の更新、拡張機能設定の設定、拡張機能の削除や無効化を行います。
  • 通知のポップオーバーにDo Not Disturbボタンが追加されました。ボタンを有効にすると、画面に通知が表示されなくなります。
  • パスワードを必要とするシステムダイアログで、目 (👁) のアイコンをクリックしてパスワードテキストを表示するオプションが追加されました。
  • Softwareアプリケーションは、モバイルデータネットワークなどの従量制ネットワークを自動的に検出するようになりました。現在のネットワークが従量制の場合、Softwareはデータ使用量を削減するために更新を一時停止します。
  • 接続されたディスプレイごとに、Wayland セッションで異なるリフレッシュレートを使用できるようになりました。
  • フラクショナルディスプレイスケーリングは、実験的なオプションとして用意されています。あらかじめ設定されたいくつかの分数比が含まれています。

    実験的なフラクショナルスケーリングを有効にするには、有効な実験的機能のリストに scale-monitor-framebuffer の値を追加します。

    $ dconf write \
            /org/gnome/mutter/experimental-features \
            "['scale-monitor-framebuffer']"

    その結果、SettingsDisplayパネルで、フラクショナルスケーリングオプションにアクセスできるようになります。

GNOME の変更点の詳細については、リリースノート のバージョン 3.30 から 40.0 を参照してください。

(JIRA:RHELPLAN-101240)

PipeWire がデフォルトのオーディオサービスに

Pipewireサービスは、すべてのオーディオ出力と入力を管理するようになりました。Pipewireは、一般的な使用例ではPulseAudioサービスを、専門的な使用例ではJACKサービスを置き換えます。システムは、PulseAudioJACK、またはALSAフレームワークを使用するアプリケーションからのオーディオをPipewireにリダイレクトするようになりました。

従来のソリューションに対するPipewireのメリットは以下のとおりです。

  • コンシューマーとプロフェッショナルユーザーのための統一されたソリューション
  • フレキシブルなモジュール式アーキテクチャー
  • JACKサービスと同様の高いパフォーマンスと低いレイテンシー
  • オーディオクライアント間の隔離によるセキュリティーの向上

JACK サービスを使用するアプリケーションのためにJACKサービスを設定する必要はありません。すべてのJACKアプリケーションはデフォルトの RHEL 設定で動作するようになりました。

RHEL で pulseaudio は依然として利用でき、PipeWire の代わりに有効にすることができます。詳細はPipeWire から PulseAudio への切り替え wo 参照してください。

(JIRA:RHELPLAN-101241)

電源プロファイルが GNOME で利用可能に

GNOME 環境のSettingsPowerパネルで、複数の電源プロファイルを切り替えられるようになりました。電源プロファイルは、選択した目標に対してシステムの各種設定を最適化します。

利用できる電源プロファイルは以下のとおりです。

Performance
高いシステムパフォーマンスに最適化され、バッテリー寿命が短くなります。このプロファイルは、特定のシステム設定でのみ利用可能です。
Balanced
標準的なシステム性能と消費電力を提供します。これはデフォルトのプロファイルです。
Power Saver
バッテリー駆動時間が長くなり、システムのパフォーマンスが低下します。このプロファイルは、バッテリー残量が少なくなると自動的に起動します。

電源プロファイルの設定は、システムが再起動しても保持されます。

電源プロファイルの機能は、デフォルトでインストールされている power-profiles-daemon パッケージから利用できます。

(JIRA:RHELPLAN-101242)

langpacks が、言語サポートを提供するようになりました。

様々な言語をサポートするために、langpacks パッケージが用意されました。インストールする言語サポートのレベルをカスタマイズするには、次のようなパッケージ名を使用します。ここで、code は言語の短い ISO コードで、例えばスペイン語は es となります。

langpacks-core-code

以下のような基本的な言語サポートを提供します。

  • glibc のロケール
  • デフォルトのフォント
  • 言語で要求されている場合は、デフォルトの入力方法
langpacks-core-font-code
その言語のデフォルトフォントのみを提供します。
langpacks-code

基本的な言語サポートに加えて、以下を含む完全な言語サポートを提供します。

  • 翻訳
  • スペルチェッカーの辞書
  • 追加フォント

(JIRA:RHELPLAN-101247)

軽量で単一アプリケーションの環境

1 つのアプリケーションのみを表示するグラフィカルユースケースでは、軽量のユーザーインターフェイス (UI) が利用できるようになりました。

GNOME は、単一アプリケーションセッション (kiosk モード とも呼ばれる) で起動できます。このセッションでは、GNOME は、設定したアプリケーションのフルスクリーンウィンドウのみを表示します。

単一アプリケーションセッションのリソース集中度は、標準の GNOME セッションよりも大幅に低くなります。

詳細は、Restricting the session to a single application を参照してください。

(JIRA:RHELPLAN-102552)

ログイン時およびデスクトップセッション時のセキュリティー分類バナー

分類バナーを設定して、システムの全体的なセキュリティー分類レベルを示すことができるようになりました。これは、ログインしているシステムのセキュリティー分類レベルをユーザーが認識している必要があるデプロイメントに役立ちます。

分類バナーは、設定に応じて、次のコンテキストで表示されます。

  • 実行中のセッション内
  • ロック画面
  • ログイン画面

分類バナーは、無視できる通知または永続的なバナーのいずれかの形式をとることができます。

詳細については、Displaying the system security classification を参照してください。

(BZ#2031186)

デフォルトのウォールパパーによって Red Hat ロゴが追加されます。

デフォルトの RHEL ウォールパパーに、Red Hat ロゴが表示されるようになりました。ロゴは画面の左上隅にあります。

ロゴを無効にするには、Background Logo GNOME Shell 拡張機能を無効にします。

(BZ#2057150)

Firefox が PKCS#12 ファイルで強力な暗号化を使用するようになりました。

Firefox Web ブラウザーは、PKCS#12 ファイルを使用してクライアント認証証明書を確立します。以前は、Firefox は、レガシーアルゴリズムを使用してこれらのファイルを暗号化していました。

  • PKCS#12 ファイルの証明書を暗号化する PBE-SHA1-RC2-40
  • PKCS#12 ファイルの鍵を暗号化する PBE-SHA1-3DES

今回のリリースにより、Firefox はデフォルトで強力なアルゴリズムを使用してファイルを暗号化します。

  • PKCS#12 ファイルの証明書を暗号化する PBKDF2 を使用した AES-256-CBC
  • PKCS#12 ファイルの鍵を暗号化する PBKDF2 を使用した AES-128-CBC

この変更により、PKCS#12 ファイルは FIPS (Federal Information Processing Standard) と互換性があります。

レガシー暗号化アルゴリズムは、Firefox でデフォルト以外のオプションとして引き続きサポートされます。

(BZ#1764205)