4.21. クラウド環境の RHEL

RHEL 9 が WALinuxAgent 2.3.0.2 を提供

RHEL 9 は、Windows Azure Linux Agent ( WALinuxAgent) パッケージバージョン 2.3.0.2 とともに配布されます。バージョン 2.2.49 への主なバグ修正および機能強化は、以下のとおりです。

  • RequiredFeatures および GoalStateAggregateStatus API のサポートが追加されました。
  • 拡張マニフェストのフォールバック先が追加されました。
  • 例外を作成する際に str.format() の呼び出しが欠落していたのを修正しました。

(BZ#1972101)

Azure の RHEL が MANA に対応するようになりました。

Microsoft Azure で実行している RHEL 9 仮想マシンが、Microsoft Azure ネットワークアダプター (MANA) を使用できるようになりました。

(BZ#1957818)

cloud-init が VMware GuestInfo データソースに対応

今回の更新で、cloud-init ユーティリティーが VMware guestinfo データのデータソースを読み取ることができるようになりました。その結果、cloud-init を使用 s した VMware vSphere に RHEL 9 仮想マシンのセットアップが、より効率的で信頼性が高くなりました。

(BZ#2040090)

RHEL 9 仮想マシンが Azure の特定の ARM64 ホストでサポートされるようになりました。

ゲストオペレーティングシステムとして RHEL9 を使用する仮想マシンは、Ampere Altra ARM ベースのプロセッサーで実行されている Microsoft Azure ハイパーバイザーでサポートされるようになりました。

(BZ#1949613)

cloud-init は、MicrosoftAzure 上のユーザーデータをサポートする

--user-data オプションが cloud-init ユーティリティーに導入されました。このオプションを使用すると、Azure で RHEL 9 仮想マシンをセットアップするときに、 Azure Instance Metadata Service (IMDS) からスクリプトとメタデータを渡すことができます。

(BZ#2042351)

cloud-init の新しい SSH モジュール

今回の更新で、cloud-init ユーティリティーに SSH モジュールが追加され、インスタンスの作成時にホストキーが自動的に生成されるようになりました。

この変更により、デフォルトの cloud-init 設定が更新されました。したがって、ローカルの変更があった場合は、/etc/cloud/cloud.cfg に "ssh_genkeytypes: ['rsa', 'ecdsa', 'ed25519']" 行が含まれていることを確認してください。

そうしないと、sshd サービスを起動できないイメージが cloud-init によって作成されます。この問題が発生した場合は、次の手順に従って問題を回避してください。

  1. /etc/cloud/cloud.cfg ファイルに次の行が含まれていることを確認します。

    ssh_genkeytypes:  ['rsa', 'ecdsa', 'ed25519']
  2. /etc/ssh/ssh_host_* ファイルがインスタンスに存在するかどうかを確認します。
  3. /etc/ssh/ssh_host_* ファイルが存在しない場合は、次のコマンドを使用してホストキーを生成します。

    cloud-init single --name cc_ssh
  4. sshd サービスを再起動します。

    systemctl restart sshd

(BZ#2115791)