7.7. Identity Management

OpenDNSSec の SHA-1 を非推奨化

OpenDNSSec は、SHA-1 アルゴリズムを使用したデジタル署名および認証レコードのエクスポートに対応しています。SHA-1 アルゴリズムの使用に対応しなくなりました。RHEL 9 リリースでは、OpenDNSSec の SHA-1 が非推奨になり、今後のマイナーリリースで削除される可能性があります。また、OpenDNSSec のサポートは、Red Hat Identity Management との統合に限定されます。OpenDNSSec はスタンドアロンでは対応していません。

(BZ#1979521)

SSSD 暗黙的なファイルプロバイダードメインは、デフォルトで無効になっています。

/etc/shadow などのローカルファイルからユーザー情報を取得する SSSD 暗黙的な ファイル プロバイダードメイン、および /etc/group からグループ情報を取得する SSSD 暗黙的な <g id="1">ファイル</g>プロバイダードメインは、デフォルトで無効になりました。

SSSD を使用してローカルファイルからユーザーおよびグループ情報を取得するには、次のコマンドを実行します。

  1. SSSD を設定します。以下のいずれかのオプションを選択します。

    1. sssd.conf 設定ファイルで id_provider=files を使用して、ローカルドメインを明示的に設定します。

      [domain/local]
      id_provider=files
      ...
    2. sssd.conf 設定ファイルで enable_files_domain=true を設定して、ファイル プロバイダーを有効にします。

      [sssd]
      enable_files_domain = true
  2. ネームサービススイッチを設定します。

    # authselect enable-feature with-files-provider

(JIRA:RHELPLAN-100639)

SMB1 プロトコルは Samba では非推奨に

Samba 4.11 以降、安全でない Server Message Block バージョン 1 (SMB1) プロトコルは非推奨となり、今後のリリースでは削除される予定です。

セキュリティーを向上させるために、デフォルトでは、Samba サーバーおよびクライアントユーティリティーで SMB1 が無効になっています。

Jira:RHELDOCS-16612