Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

6.7. ID 管理

DNSSEC が IdM でテクノロジープレビューとして利用可能になりました。

統合 DNS のある Identity Management (IdM) サーバーは、DNS プロトコルのセキュリティーを強化する DNS に対する拡張セットである DNS Security Extensions (DNSSEC) を実装するようになりました。IdM サーバーでホストされる DNS ゾーンは、DNSSEC を使用して自動的に署名できます。暗号鍵は、自動的に生成およびローテートされます。

DNSSEC で DNS ゾーンの安全性を強化する場合は、以下のドキュメントを参照することが推奨されます。

統合 DNS のある IdM サーバーは、DNSSEC を使用して、他の DNS サーバーから取得した DNS 回答を検証することに注意してください。これが、推奨される命名方法に従って設定されていない DNS ゾーンの可用性に影響を与える可能性があります。

(BZ#2084180)

Identity Management JSON-RPC API がテクノロジープレビューとして利用可能になりました。

Identity Management (IdM) では API が利用できます。API を表示するために、IdM は、テクノロジープレビューとして API ブラウザーも提供します。

以前では、複数のバージョンの API コマンドを有効にするために、IdM API が拡張されました。これらの機能拡張により、互換性のない方法でコマンドの動作が変更することがありました。IdM API を変更しても、既存のツールおよびスクリプトを引き続き使用できるようになりました。これにより、以下が可能になります。

  • 管理者は、管理しているクライアント以外のサーバーで、IdM の以前のバージョンもしくは最近のバージョンを使用できます。
  • サーバーで IdM のバージョンを変更しても、開発者は特定バージョンの IdM コールを使用できます。

すべてのケースでサーバーとの通信が可能になります。たとえば、ある機能向けの新オプションが新しいバージョンに追加されていて、通信の一方の側でこれを使用していたとしても、特に問題はありません。

API の使用方法は Identity Management API を使用して IdM サーバーに接続する (テクノロジープレビュー) を参照してください。

(BZ#2084166)

RHCS での ACME 実装がテクノロジープレビューとして利用可能に

Automated Certificate Management Environment (ACME) レスポンダーを介したサーバー証明書の発行は、Red Hat Certificate System (RHCS) で利用できます。ACME レスポンダーは ACME v2 プロトコル (RFC 8555) をサポートします。

以前は、ユーザーは認証局 (CA) の独自の証明書署名要求 (CSR) 送信ルーチンを使用する必要がありました。ルーチンでは、要求を手動で確認して証明書を発行するために、認証局 (CA) エージェントが必要になる場合がありました。

RHCS ACME レスポンダーは、CA エージェントを使用せずに、サーバー証明書の自動発行とライフサイクル管理のための標準メカニズムを提供するようになりました。この機能により、RHCS CA を既存の証明書発行インフラストラクチャーと統合して、デプロイメント用のパブリック CA と開発用の内部 CA をターゲットにすることができます。

このテクノロジープレビューには、ACME サーバー実装のみが含まれていることに注意してください。このリリースの一部として ACME クライアントは出荷されていません。さらに、この ACME プレビューは、発行データを保持したり、ユーザー登録を処理したりしません。

将来の RHEL 更新により、ACME のインストールが中断される可能性があることに注意してください。

詳細については、IETF definition of ACME および GitHub への Installing ACME Responder を参照してください。

(BZ#2084181)