Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.2. サブスクリプション管理

virt-who が Hyper-V ホストで正常に機能するようになる

以前は、virt-who を使用して Hyper-V ハイパーバイザーに RHEL 9 仮想マシンを設定すると、virt-who がハイパーバイザーと正しく通信せず、設定に失敗していました。これは、openssl で暗号化メソッドが非推奨になっているためです。

今回の更新で、Hyper-V の virt-who 認証モードが修正され、virt-who を使用して Hyper-V に RHEL 9 仮想マシンを設定できるようになりました。これには、ハイパーバイザーが基本認証モードを使用することも必要であることに注意してください。このモードを有効にするには、以下のコマンドを使用します。

winrm set winrm/config/service/auth '@{Basic="true"}'
winrm set winrm/config/service '@{AllowUnencrypted="true"}'

(BZ#2008215)