15.2.2.2. 外部 IP アドレスの割り当ての制限

クラスター管理者は、IP アドレスブロックを指定して許可および拒否できます。

制限は、cluster-admin 権限を持たないユーザーにのみ適用されます。クラスター管理者は、サービスの spec.externalIPs[] フィールドを任意の IP アドレスに常に設定できます。

spec.ExternalIP.policy フィールドを指定して、policy オブジェクトが定義された IP アドレスポリシーを設定します。ポリシーオブジェクトには以下の形があります。

{
  "policy": {
    "allowedCIDRs": [],
    "rejectedCIDRs": []
  }
}

ポリシーの制限を設定する際に、以下のルールが適用されます。

  • policy={} が設定される場合、spec.ExternalIPs[] が設定されている Service オブジェクトの作成は失敗します。これは OpenShift Container Platform のデフォルトです。policy=null が設定される動作は同一です。
  • policy が設定され、policy.allowedCIDRs[] または policy.rejectedCIDRs[] のいずれかが設定される場合、以下のルールが適用されます。

    • allowedCIDRs[]rejectedCIDRs[] の両方が設定される場合、rejectedCIDRs[]allowedCIDRs[] よりも優先されます。
    • allowedCIDRs[] が設定される場合、spec.ExternalIPs[] が設定されている Service オブジェクトの作成は、指定された IP アドレスが許可される場合にのみ正常に実行されます。
    • rejectedCIDRs[] が設定される場合、spec.ExternalIPs[] が設定されている Service オブジェクトの作成は、指定された IP アドレスが拒否されていない場合にのみ正常に実行されます。