8.3. PTP Operator のインストール

クラスター管理者は、OpenShift Container Platform CLI または Web コンソールを使用して PTP Operator をインストールできます。

8.3.1. CLI: PTP Operator のインストール

クラスター管理者は、CLI を使用して Operator をインストールできます。

前提条件

  • PTP に対応するハードウェアを持つノードでベアメタルハードウェアにインストールされたクラスター。
  • OpenShift CLI (oc) をインストールすること。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてログインすること。

手順

  1. PTP Operator の namespace を作成するには、以下のコマンドを入力します。

    $ cat << EOF| oc create -f -
    apiVersion: v1
    kind: Namespace
    metadata:
      name: openshift-ptp
      labels:
        name: openshift-ptp
        openshift.io/cluster-monitoring: "true"
    EOF
  2. Operator の Operator グループを作成するには、以下のコマンドを入力します。

    $ cat << EOF| oc create -f -
    apiVersion: operators.coreos.com/v1
    kind: OperatorGroup
    metadata:
      name: ptp-operators
      namespace: openshift-ptp
    spec:
      targetNamespaces:
      - openshift-ptp
    EOF
  3. PTP Operator にサブスクライブします。

    1. 以下のコマンドを実行して、OpenShift Container Platform のメジャーおよびマイナーバージョンを環境変数として設定します。これは次の手順で channel の値として使用されます。

      $ OC_VERSION=$(oc version -o yaml | grep openshiftVersion | \
          grep -o '[0-9]*[.][0-9]*' | head -1)
    2. PTP Operator のサブスクリプションを作成するには、以下のコマンドを入力します。

      $ cat << EOF| oc create -f -
      apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
      kind: Subscription
      metadata:
        name: ptp-operator-subscription
        namespace: openshift-ptp
      spec:
        channel: "${OC_VERSION}"
        name: ptp-operator
        source: redhat-operators
        sourceNamespace: openshift-marketplace
      EOF
  4. Operator がインストールされていることを確認するには、以下のコマンドを入力します。

    $ oc get csv -n openshift-ptp \
      -o custom-columns=Name:.metadata.name,Phase:.status.phase

    出力例

    Name                                        Phase
    ptp-operator.4.4.0-202006160135             Succeeded