5.8.6. 内部ロードバランサーを使用するように Ingress コントローラーを設定する

クラウドプラットフォームで Ingress コントローラーを作成する場合、Ingress コントローラーはデフォルトでパブリッククラウドロードバランサーによって公開されます。管理者は、内部クラウドロードバランサーを使用する Ingress コントローラーを作成できます。

警告

クラウドプロバイダーが Microsoft Azure の場合、ノードを参照するパブリックロードバランサーが少なくとも 1 つ必要です。これがない場合、すべてのノードがインターネットへの egress 接続を失います。

重要

IngressController オブジェクトのスコープを変更する必要がある場合、IngressController オブジェクトを削除してから、これを再作成する必要があります。カスタムリソース (CR) の作成後に .spec.endpointPublishingStrategy.loadBalancer.scope パラメーターを変更することはできません。

実装の詳細については、Kubernetes サービスドキュメント を参照してください。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) をインストールすること。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてログインすること。

手順

  1. 以下の例のように、<name>-ingress-controller.yaml という名前のファイルに IngressController カスタムリソース (CR) を作成します。

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: IngressController
    metadata:
      namespace: openshift-ingress-operator
      name: <name> 1
    spec:
      domain: <domain> 2
      endpointPublishingStrategy:
        type: LoadBalancerService
        loadBalancer:
          scope: Internal 3
    1
    <name>IngressController オブジェクトの名前に置き換えます。
    2
    コントローラーによって公開されるアプリケーションのドメインを指定します。
    3
    内部ロードバランサーを使用するために Internal の値を指定します。
  2. 以下のコマンドを実行して、直前の手順で定義された Ingress コントローラーを作成します。

    $ oc create -f <name>-ingress-controller.yaml 1
    1
    <name>IngressController オブジェクトの名前に置き換えます。
  3. オプション: 以下のコマンドを実行して Ingress コントローラーが作成されていることを確認します。

    $ oc --all-namespaces=true get ingresscontrollers