13.4. プロジェクトの egress ファイアウォールの設定

クラスター管理者は、OpenShift Container Platform クラスター外に出るプロジェクトのプロジェクについて、egress トラフィックを制限する egress ファイアウォールを作成できます。

13.4.1. egress ファイアウォールのプロジェクトでの機能

クラスター管理者は、 egress ファイアウォール を使用して、一部またはすべての Pod がクラスター内からアクセスできる外部ホストを制限できます。egress ファイアウォールポリシーは以下のシナリオをサポートします。

  • Pod の接続を内部ホストに制限し、パブリックインターネットへの接続を開始できないようにする。
  • Pod の接続をパブリックインターネットに制限し、OpenShift Container Platform クラスター外にある内部ホストへの接続を開始できないようにする。
  • Pod は OpenShift Container Platform クラスター外の指定された内部サブネットまたはホストにアクセスできません。
  • Pod は特定の外部ホストにのみ接続することができます。

たとえば、指定された IP 範囲へのあるプロジェクトへのアクセスを許可する一方で、別のプロジェクトへの同じアクセスを拒否することができます。または、アプリケーション開発者の (Python) pip mirror からの更新を制限したり、更新を承認されたソースからの更新のみに強制的に制限したりすることができます。

EgressFirewall カスタムリソース (CR) オブジェクトを作成して egress ファイアウォールポリシーを設定します。egress ファイアウォールは、以下のいずれかの基準を満たすネットワークトラフィックと一致します。

  • CIDR 形式の IP アドレス範囲。
  • ポート番号
  • プロトコル。TCP、UDP、および SCTP のいずれかになります。
重要

egress ファイアウォールに 0.0.0.0/0 の拒否ルールが含まれる場合、OpenShift Container Platform API サーバーへのアクセスはブロックされます。Pod が OpenShift Container Platform API サーバーへのアクセスを継続できるようにするには、以下の例にあるように API サーバーが egress ファイアウォールルールでリッスンする IP アドレス範囲を含める必要があります。

apiVersion: k8s.ovn.org/v1
kind: EgressFirewall
metadata:
  name: default
  namespace: <namespace> 1
spec:
  egress:
  - to:
      cidrSelector: <api_server_address_range> 2
    type: Allow
# ...
  - to:
      cidrSelector: 0.0.0.0/0 3
    type: Deny
1
egress ファイアウォールの namespace。
2
OpenShift Container Platform API サーバーを含む IP アドレス範囲。
3
グローバル拒否ルールにより、OpenShift Container Platform API サーバーへのアクセスが阻止されます。

API サーバーの IP アドレスを見つけるには、oc get ep kubernetes -n default を実行します。

詳細は、BZ#1988324 を参照してください。

警告

egress ファイアウォールルールは、ルーターを通過するトラフィックには適用されません。ルート CR オブジェクトを作成するパーミッションを持つユーザーは、禁止されている宛先を参照するルートを作成することにより、egress ファイアウォールポリシールールをバイパスできます。

13.4.1.1. egress ファイアウォールの制限

egress ファイアウォールには以下の制限があります。

  • 複数の EgressFirewall オブジェクトを持つプロジェクトはありません。
  • 最大 8,000 のルールを持つ最大 1 つの EgressFirewall オブジェクトはプロジェクトごとに定義できます。

上記の制限のいずれかに違反すると、プロジェクトの egress ファイアウォールに障害が発生し、すべての外部ネットワークトラフィックがドロップされる可能性があります。

13.4.1.2. egress ポリシールールのマッチング順序

egress ファイアウォールポリシールールは、最初から最後へと定義された順序で評価されます。Pod からの egress 接続に一致する最初のルールが適用されます。この接続では、後続のルールは無視されます。