5.8.5. Ingress コントローラーのシャード化

トラフィックがクラスターに送信される主要なメカニズムとして、Ingress コントローラーまたはルーターへの要求が大きくなる可能性があります。クラスター管理者は、以下を実行するためにルートをシャード化できます。

  • Ingress コントローラーまたはルーターを複数のルートに分散し、変更に対する応答を加速します。
  • 特定のルートを他のルートとは異なる信頼性の保証を持つように割り当てます。
  • 特定の Ingress コントローラーに異なるポリシーを定義することを許可します。
  • 特定のルートのみが追加機能を使用することを許可します。
  • たとえば、異なるアドレスで異なるルートを公開し、内部ユーザーおよび外部ユーザーが異なるルートを認識できるようにします。

Ingress コントローラーは、ルートラベルまたは namespace ラベルのいずれかをシャード化の方法として使用できます。

5.8.5.1. ルートラベルを使用した Ingress コントローラーのシャード化の設定

ルートラベルを使用した Ingress コントローラーのシャード化とは、Ingress コントローラーがルートセレクターによって選択される任意 namespace の任意のルートを提供することを意味します。

Ingress コントローラーのシャード化は、一連の Ingress コントローラー間で着信トラフィックの負荷を分散し、トラフィックを特定の Ingress コントローラーに分離する際に役立ちます。たとえば、Company A のトラフィックをある Ingress コントローラーに指定し、Company B を別の Ingress コントローラーに指定できます。

手順

  1. router-internal.yaml ファイルを編集します。

    # cat router-internal.yaml
    apiVersion: v1
    items:
    - apiVersion: operator.openshift.io/v1
      kind: IngressController
      metadata:
        name: sharded
        namespace: openshift-ingress-operator
      spec:
        domain: <apps-sharded.basedomain.example.net>
        nodePlacement:
          nodeSelector:
            matchLabels:
              node-role.kubernetes.io/worker: ""
        routeSelector:
          matchLabels:
            type: sharded
      status: {}
    kind: List
    metadata:
      resourceVersion: ""
      selfLink: ""
  2. Ingress コントローラーの router-internal.yaml ファイルを適用します。

    # oc apply -f router-internal.yaml

    Ingress コントローラーは、type: sharded というラベルのある namespace のルートを選択します。