8.4. Linuxptp サービスの設定

PTP Operator は PtpConfig.ptp.openshift.io カスタムリソース定義 (CRD) を OpenShift Container Platform に追加します。PtpConfig カスタムリソース (CR) オブジェクトを作成して、Linuxptp サービス (ptp4l、phc2sys) を設定できます。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) をインストールすること。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてログインすること。
  • PTP Operator がインストールされていること。

手順

  1. 以下の PtpConfig CR を作成してから、YAML を <name>-ptp-config.yaml ファイルに保存します。<name> をこの設定の名前に置き換えます。

    apiVersion: ptp.openshift.io/v1
    kind: PtpConfig
    metadata:
      name: <name> 1
      namespace: openshift-ptp 2
    spec:
      profile: 3
      - name: "profile1" 4
        interface: "ens787f1" 5
        ptp4lOpts: "-s -2" 6
        phc2sysOpts: "-a -r" 7
      recommend: 8
      - profile: "profile1" 9
        priority: 10 10
        match: 11
        - nodeLabel: "node-role.kubernetes.io/worker" 12
          nodeName: "dev-worker-0" 13
    1
    PtpConfig CR の名前を指定します。
    2
    PTP Operator がインストールされている namespace を指定します。
    3
    1 つ以上の profile オブジェクトの配列を指定します。
    4
    プロファイルオブジェクトを一意に識別するために使用されるプロファイルオブジェクトの名前を指定します。
    5
    ptp4l サービスで使用するネットワークインターフェース名を指定します (例: ens787f1)。
    6
    ptp4l サービスのシステム設定オプション (例: -s -2) を指定します。これには、インターフェース名 -i <interface> およびサービス設定ファイル -f /etc/ptp4l.conf を含めないでください。これらは自動的に追加されます。
    7
    phc2sys サービスのシステム設定オプション(例: -a -r) を指定します。
    8
    profile がノードに適用される方法を定義する 1 つ以上の recommend オブジェクトの配列を指定します。
    9
    profile セクションに定義される profile オブジェクト名を指定します。
    10
    0 から 99 までの整数値で priority を指定します。数値が大きいほど優先度が低くなるため、99 の優先度は 10よりも低くなります。ノードが match フィールドで定義されるルールに基づいて複数のプロファイルに一致する場合、優先順位の高い プロファイルがそのノードに適用されます。
    11
    match ルールを、nodeLabel または nodeName で指定します。
    12
    nodeLabel を、ノードオブジェクトの node.Labelskey で指定します。
    13
    nodeName をノードオブジェクトの node.Name で指定します。
  2. 以下のコマンドを実行して CR を作成します。

    $ oc create -f <filename> 1
    1
    <filename> を、先の手順で作成したファイルの名前に置き換えます。
  3. オプション: PtpConfig プロファイルが、 nodeLabel または nodeName に一致するノードに適用されることを確認します。

    $ oc get pods -n openshift-ptp -o wide

    出力例

    NAME                            READY   STATUS    RESTARTS   AGE   IP               NODE           NOMINATED NODE   READINESS GATES
    linuxptp-daemon-4xkbb           1/1     Running   0          43m   192.168.111.15   dev-worker-0   <none>           <none>
    linuxptp-daemon-tdspf           1/1     Running   0          43m   192.168.111.11   dev-master-0   <none>           <none>
    ptp-operator-657bbb64c8-2f8sj   1/1     Running   0          43m   10.128.0.116     dev-master-0   <none>           <none>
    
    $ oc logs linuxptp-daemon-4xkbb -n openshift-ptp
    I1115 09:41:17.117596 4143292 daemon.go:107] in applyNodePTPProfile
    I1115 09:41:17.117604 4143292 daemon.go:109] updating NodePTPProfile to:
    I1115 09:41:17.117607 4143292 daemon.go:110] ------------------------------------
    I1115 09:41:17.117612 4143292 daemon.go:102] Profile Name: profile1 1
    I1115 09:41:17.117616 4143292 daemon.go:102] Interface: ens787f1    2
    I1115 09:41:17.117620 4143292 daemon.go:102] Ptp4lOpts: -s -2       3
    I1115 09:41:17.117623 4143292 daemon.go:102] Phc2sysOpts: -a -r     4
    I1115 09:41:17.117626 4143292 daemon.go:116] ------------------------------------
    I1115 09:41:18.117934 4143292 daemon.go:186] Starting phc2sys...
    I1115 09:41:18.117985 4143292 daemon.go:187] phc2sys cmd: &{Path:/usr/sbin/phc2sys Args:[/usr/sbin/phc2sys -a -r] Env:[] Dir: Stdin:<nil> Stdout:<nil> Stderr:<nil> ExtraFiles:[] SysProcAttr:<nil> Process:<nil> ProcessState:<nil> ctx:<nil> lookPathErr:<nil> finished:false childFiles:[] closeAfterStart:[] closeAfterWait:[] goroutine:[] errch:<nil> waitDone:<nil>}
    I1115 09:41:19.118175 4143292 daemon.go:186] Starting ptp4l...
    I1115 09:41:19.118209 4143292 daemon.go:187] ptp4l cmd: &{Path:/usr/sbin/ptp4l Args:[/usr/sbin/ptp4l -m -f /etc/ptp4l.conf -i ens787f1 -s -2] Env:[] Dir: Stdin:<nil> Stdout:<nil> Stderr:<nil> ExtraFiles:[] SysProcAttr:<nil> Process:<nil> ProcessState:<nil> ctx:<nil> lookPathErr:<nil> finished:false childFiles:[] closeAfterStart:[] closeAfterWait:[] goroutine:[] errch:<nil> waitDone:<nil>}
    ptp4l[102189.864]: selected /dev/ptp5 as PTP clock
    ptp4l[102189.886]: port 1: INITIALIZING to LISTENING on INIT_COMPLETE
    ptp4l[102189.886]: port 0: INITIALIZING to LISTENING on INIT_COMPLETE

    1
    Profile Name は、ノード dev-worker-0 に適用される名前です。
    2
    Interface は、profile1 インターフェースフィールドに指定される PTP デバイスです。ptp4l サービスはこのインターフェースで実行されます。
    3
    PTP4lOpts は、profile1 Ptp4lOpts フィールドで指定される ptp4l sysconfig オプションです。
    4
    phc2sysOpts は、profile1 phc2sysOpts フィールドで指定される phc2sys sysconfig オプションです。